マイクロソフトやテイクツー、EAなどの大手がワーナーのゲーム部門買収に興味を示す | GameBusiness.jp

マイクロソフトやテイクツー、EAなどの大手がワーナーのゲーム部門買収に興味を示す

約40億ドルでの売却が見込まれているようです。

企業動向 戦略
マイクロソフトやテイクツー、EAなどの大手がワーナーのゲーム部門買収に興味を示す
  • マイクロソフトやテイクツー、EAなどの大手がワーナーのゲーム部門買収に興味を示す
  • マイクロソフトやテイクツー、EAなどの大手がワーナーのゲーム部門買収に興味を示す
マイクロソフトが、ワーナー・ブラザースのゲーム制作部門、ワーナー・ブラザース・インタラクティブ・エンタテインメントの買収に興味を示していることが分かりました。海外メディアThe Informationが報じています

先月、ワーナー・ブラザースの親会社であるアメリカの大手通信会社AT&Tによる、ワーナーゲーム部門売却の検討が判明。同時にテイクツー・インタラクティブやエレクトロニック・アーツ、Activision Blizzardといった業界でも屈指の大手が同部門の買収に興味を示していることが分かっていました。

そんな中、今回の報道で新たにマイクロソフトも買収に意欲を見せていることが明らかに。なお、The Informationはマイクロソフトやワーナーなど各社にこの件について問い合わせたものの、回答が得られなかったとしています。

ちなみに、『Mortal Kombat』や『ハリー・ポッター:魔法同盟』、『バットマン アーカム』シリーズといったタイトルを保有する同部門は約40億ドルでの売却が見込まれており、今回の売却はAT&Tが抱えている約1,650億ドルの負債を返済するためだとされています。
《TAKAJO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら