『beatmania IIDX』公式リーグ「BEMANI PRO LEAGUE」が2020年5月開始、国内初の音ゲープロリーグ | GameBusiness.jp

『beatmania IIDX』公式リーグ「BEMANI PRO LEAGUE」が2020年5月開始、国内初の音ゲープロリーグ

コナミアミューズメントは、2020年5月より「BEMANI PRO LEAGUE」を開始、タイトルとして『beatmania IIDX』を採用すると発表しました。

文化 eSports
『beatmania IIDX』公式リーグ「BEMANI PRO LEAGUE」が2020年5月開始、国内初の音ゲープロリーグ
  • 『beatmania IIDX』公式リーグ「BEMANI PRO LEAGUE」が2020年5月開始、国内初の音ゲープロリーグ
  • 『beatmania IIDX』公式リーグ「BEMANI PRO LEAGUE」が2020年5月開始、国内初の音ゲープロリーグ
  • 『beatmania IIDX』公式リーグ「BEMANI PRO LEAGUE」が2020年5月開始、国内初の音ゲープロリーグ

コナミアミューズメントは、2020年5月よりプロゲームリーグ「BEMANI PRO LEAGUE」を開始、タイトルとして『beatmania IIDX』を採用すると発表しました。

KONAMIといえば音楽ゲームのイメージが強い部分もあり、2017年2月には「KONAMI ARCADE CHAMPIONSHIP(KAC)」での多数優勝経歴を持つDOLCE.選手とプロ契約を結んだことでも話題になっていましたが、2020年5月より『beatmania IIDX』でプロリーグが開催されます。

チームは、共和コーポレーション、マタハリーエンターテイメント、山崎屋、ラウンドワン、レジャラン、ワイ・ケーコーポレーションの6社がそれぞれチームオーナーとなり、4名の選手が所属する形。選手はKONAMIが実施するプロテストに合格し、ドラフト会議で指名されたプレイヤーがチームと契約することでプロ選手となるシステム。

シーズンは3つに分かれており、「レギュラーシーズン」、レギュラーシーズンの上位3チームが出場する「セミファイナル」、セミファイナルの上位2チームが出場する「ファイナル」で、シーズンは5月~10月の約半年を1シーズンと規定。試合会場は2020年1月オープン予定の「esports 銀座 studio」が予定されています。


執筆時点では、プロテストについての詳細は明かされておらず、概要は以下の通り発表されています。


【プロテストについて】
プロテストでは、書類審査と、実技・面接が行われます。
書類審査では、技術や意気込みなどをもとにKONAMIが審査します。
書類審査に合格した方には、会場で実技、面接を受けていただきます。
■エントリー資格
・18歳以上(2020年4月時点)
・日本在住者

「BEMANI PRO LEAGUE」は、2020年5月開始予定です。

《kuma@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら