複数のゲームランチャーを一括管理できる「GOG GALAXY 2.0」のオープンベータが開始 | GameBusiness.jp

複数のゲームランチャーを一括管理できる「GOG GALAXY 2.0」のオープンベータが開始

GOG.comは複数のゲームランチャーを一括管理できるアプリケーション「GOG GALAXY 2.0」のオープンベータ開始を発表しました。

ゲーム開発 サーバー・ホスティング
複数のゲームランチャーを一括管理できる「GOG GALAXY 2.0」のオープンベータが開始
  • 複数のゲームランチャーを一括管理できる「GOG GALAXY 2.0」のオープンベータが開始

GOG.comは複数のゲームランチャーを一括管理できるアプリケーション「GOG GALAXY 2.0」のオープンベータ開始を発表しました。本アプリケーションではGOG.comはもちろん、Steam、Origin、Epic Games Launcher、Bethesda Launcherなど複数のPCゲーム用クライアントのライブラリやフレンドリストを一括管理することができます。また、PlayStation NetworkやXbox Liveのアカウントもリンク可能となっています。


「ここ数年、私達はゲームのコレクションとフレンドリストの断片化が継続的に発生しており、それらのすべてを統合するアプリケーションの必要性を証明しています。今後さらに多くのクライアントやランチャーが登場するでしょう」と語るGOGマネージングディレクターのPiotr Karwowski氏。先日にはクローズドベータが行われていましたが、Karwowski氏はコミュニティの反応への驚きと感謝を述べるとともに、「20のゲームプラットフォームとの統合によりさらに進化しました。誰もがGOG GALAXY 2.0ですべてのゲームとフレンドを見ることができます」と伝えています。
《RIKUSYO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら