『LoL』で知られるRiot Gamesが従業員からの訴訟へ1000万ドル以上の和解金を提案 | GameBusiness.jp

『LoL』で知られるRiot Gamesが従業員からの訴訟へ1000万ドル以上の和解金を提案

8月に和解していたRiot Gamesへの集団訴訟では、1000万ドル以上の和解金が提案されていたということが米新聞社Los Angeles Timesで報じられています。

その他 事件
『LoL』で知られるRiot Gamesが従業員からの訴訟へ1000万ドル以上の和解金を提案
  • 『LoL』で知られるRiot Gamesが従業員からの訴訟へ1000万ドル以上の和解金を提案
  • 『LoL』で知られるRiot Gamesが従業員からの訴訟へ1000万ドル以上の和解金を提案
『リーグ・オブ・レジェンド』で知られるRiot Gamesは、性差別の疑いがあるとして起こされていた集団訴訟に関して最低でも1000万ドルの支払いに同意していたと、米新聞社Los Angeles Timesが報じています。

Riot Gamesは2018年11月に同社で『リーグ・オブ・レジェンド』開発に携わっていた女性従業員2人から、繰り返しセクシャルハラスメントや性差別を受けていたとして訴訟を起こされていました。

同新聞社が今回報じたのは8月に和解していた内容の詳細であり、Riot Gamesは2014年11月から和解が成立した時点までの間に同社で働いた約1,000名の女性従業員に対して支払いを行います。また実際に支払われる金額は同社に勤めた期間の長さや雇用形態によって異なるとのことです。

またRiot Gamesの広報担当者は「集団訴訟を解決する和解ができたことをうれしく思います。この和解もまた重要な前進であり、Riotを業界最高の人材のための開放的な環境にするという我々の価値観に沿った取り組みを示すものです」と述べています。
《いわし@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら