名優ルトガー・ハウアー死去―『オブザーバー』ダニエル役や海外版『キングダム ハーツIII』ゼアノート役 | GameBusiness.jp

名優ルトガー・ハウアー死去―『オブザーバー』ダニエル役や海外版『キングダム ハーツIII』ゼアノート役

映画「ブレードランナー」だけでなく、『オブザーバー』や『キングダム ハーツIII』などゲーム作品にも多数出演していました。謹んでご冥福をお祈りいたします。

文化 その他
Photo by Pier Marco Tacca/Getty Images

映画「ブレードランナー」などで知られ、近年は『オブザーバー(Observer)』などでのゲーム出演もしていたオランダ出身の俳優ルトガー・ハウアーが、2019年7月19日に死去したことが各メディアで報じられました。

数々の映画に出演し、特に「ブレードランナー」で知られるルトガー・ハウアーですが、Bloober Teamが開発し、日本ではオーイズミ・アミュージオからリリースされたサイバーパンクホラー『オブザーバー』において、主人公であるベテラン刑事「ダニエル・ラザルスキ」を演じていました。Bloober Teamは公式Twitterアカウントにて「ブレードランナー」の作中のセリフとして有名な一節を引用しつつも、「あなたは私達の心の中に居続けるでしょう」と弔意を表しています。


また、『キングダム ハーツIII』海外版においては、悪役であるマスター・ゼアノートの声も担当していました。

映画俳優として著名なルトガー・ハウアーですが、近年はゲームに登場するキャラクターの演者としても存在感を見せていました。ご冥福をお祈りします。
《いわし@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら