『Detroit: Become Human』売上は300万本近くに、日本とアジアで高い人気誇る | GameBusiness.jp

『Detroit: Become Human』売上は300万本近くに、日本とアジアで高い人気誇る

先程NetEase Gamesとのパートナーシップが発表されたQuantic Dreamですが、同社共同創業者David Cage氏は、海外メディアによるインタビューにて『Detroit: Become Human』の売上に言及しました。

市場 市場動向
『Detroit: Become Human』売上は300万本近くに―日本とアジアで高い人気誇る
  • 『Detroit: Become Human』売上は300万本近くに―日本とアジアで高い人気誇る
  • 『Detroit: Become Human』売上は300万本近くに―日本とアジアで高い人気誇る

先程NetEase Gamesとのパートナーシップが発表されたQuantic Dreamですが、同社共同創業者David Cage氏は、海外メディアによるインタビューにて『Detroit: Become Human』の売上に言及しました。

これは、海外メディアVentureBeatによるインタビュー内で、『Detroit: Become Human』に関する批評への感想を求められたCage氏が明かしたもの。氏は「最も重要なことは作品がゲーマーから受けた素晴らしい歓迎である」とし、同作がQuantic Dream最大の商業的成功を収め、リリースから8ヶ月で売上は300万本近くに至ったことを明かしました。また、商業的には特に「日本」とアジア全域で同作が受け入れられた旨をコメントしています。

氏はまた、『Detroit: Become Human』が高い評価を得たことや、素晴らしいユーザーコミュニティに恵まれたことを挙げ、感謝の言葉を述べました。なお、インタビューでは、その他、就業環境の改善や、スタジオ規模の拡大、中国市場に大きな可能性を見出していることなどについて語られています。

『Detroit: Become Human』はPS4を対象に発売中です。

『Detroit: Become Human』売上は300万本近くに―日本とアジアで高い人気誇る

《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら