「HTC VIVE」新アイトラッキング標準搭載モデル「VIVE Pro Eye」、インサイドアウト新型「VIVE Cosmos」発表 | GameBusiness.jp

「HTC VIVE」新アイトラッキング標準搭載モデル「VIVE Pro Eye」、インサイドアウト新型「VIVE Cosmos」発表

HTCは、米国ラスベガスにて開催中のCES2019にて、展開中のVRヘッドセット「HTC VIVE」の新型「VIVE Pro Eye」を含む複数の発表を行いました。

企業動向 発表
「HTC VIVE」新アイトラッキング標準搭載モデル「VIVE Pro Eye」、インサイドアウト新型「VIVE Cosmos」発表!
  • 「HTC VIVE」新アイトラッキング標準搭載モデル「VIVE Pro Eye」、インサイドアウト新型「VIVE Cosmos」発表!
  • 「HTC VIVE」新アイトラッキング標準搭載モデル「VIVE Pro Eye」、インサイドアウト新型「VIVE Cosmos」発表!

HTCは、米国ラスベガスにて開催中のCES2019にて、展開中のVRヘッドセット「HTC VIVE」の新型「VIVE Pro Eye」を含む複数の発表を行いました。

今回発表された内容の内、「VIVE Pro Eye」は アイトラッキング標準搭載の新しい「VIVE Pro」で、注視するだけで選べるメニューや、 コントローラーが不要な操作性を用いる事ができるのが特徴です。CES2019ではメジャリーグベースボール(MLB)による同機のデモゲーム『MLB ホームランダービー VR』が展示され、コントローラー無しでのメニュー選択を味わえるとのこと。


また、日本ではバーチャルキャスト社のVRアバターソフト「VisrtualCast Enterprise版」が既に同機への対応を済ませており、VRM対応アバターの瞬きや視線と、ユーザーの瞬きや視線を自動でリンクさせ、より自然なアバター表現が可能となっています。なお、同機能は 一般配布を行っている「VirtualCast Consumer版」でも今後適応予定です。

「VIVE Pro Eye」は2019年第2四半期(4~6月)の発売予定です。


また、同社のVRアプリストア「VIVEPORT」の無制限のサブスクリプションプラン「Viveport Infinity」もアナウンスされた他、新型のVRヘッドセット「VIVE Cosmos」も発表。


この「VIVE Cosmos」の具体的な仕様詳細は明らかにされていませんが、快適な装着感、 簡単なセットアップと使用方法を特徴とし、外部のベースステーションが不要な、いわゆるインサイドアウト型かつ「家と外出先の両方で使用でき、ゲーミングPC以外からも接続可能」であるとのこと。簡単なVR機器としては「VIVE Focus」を含めスタンドアロン型のヘッドセットが多数登場しているだけに、「Windows MR」機のように、ゲーミングPCでも依然として使用可能であることを伺わせるその詳細に注目が集まるところです。


なお、「VIVE Cosmos」は完全に新しいVR体験となる「Vive Reality System」を使用する最初のVIVEヘッドセットとなる予定で、 開発者キットは2019年の早い時期に提供される予定。詳細や価格などは本年後半に公表予定です。「Vive Reality System」についても全体的な詳細は不明ながら既に、Mozillaと共同開発のVIVE専用のVRブラウザ「Firefox Reality」がアナウンスされています。こちらは「VIVE Cosmos」向けには今年後半に配信開始。その他のVive製品でも使用可能となる予定です。

「HTC VIVE」新アイトラッキング標準搭載モデル「VIVE Pro Eye」、インサイドアウト新型「VIVE Cosmos」発表!

《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら