ネットマーブル、AI技術を利用したゲーム開発プロジェクト『コロンブス』『マゼラン』をスタートーAI研究所も設立 | GameBusiness.jp

ネットマーブル、AI技術を利用したゲーム開発プロジェクト『コロンブス』『マゼラン』をスタートーAI研究所も設立

ネットマーブルは、AI技術を利用したゲーム『コロンブス』『マゼラン』の開発をスタートし、同時にAI研究所のNetmarble AI Revolution Center(NARC)を設立したと発表しました。

ゲーム開発 人工知能(AI)

ネットマーブルは、AI技術を利用したゲーム開発プロジェクト『コロンブス』『マゼラン』をスタートし、同時にAI研究所のNetmarble AI Revolution Center(NARC)を設立したと発表しました。

AI研究所「Netmarble AI Revolution Center(NARC)」


NARCではゲーム開発や運営への活用だけでなく、AIを利用したゲームの研究開発を進めているとのこと。また、アメリカのIBMワトソン研究所で20年に渡り、AIやクラウド、ビッグデータ関連研究を行ってきたイ・ジュンヨン博士を同研究所のセンター長が就任。

機械学習や深層学習など学んだAIが、ユーザーの傾向やスキルを把握し、個別に調整を行う知能型ゲームの実用化を目的とした『コロンブス』、『マゼラン』プロジェクトへ注力しています。

『コロンブス』プロジェクト


『コロンブス』プロジェクトでは、ビッグデータを基に、ゲーム運営とマーケティングを自動化するAI技術プロジェクト。それぞれのユーザーの好みを分析し、ユーザーにあったイベントの実施やマーケティングが行えるとのことで、既に一部のゲームに適用をしており、拡大の準備を行っている段階とのこと。

『マゼラン』プロジェクト


『マゼラン』プロジェクトでは、ゲームコンテンツの知能化と開発効率化のためのAI技術プロジェクト。ゲームへの学習レベルが低いユーザーに対し、より適切なコンテンツを提供するなど、ユーザーの好みに適したコンテンツを提供することを目的としています。

この他にも、同研究所ではゲーム内でのAI活用や制作過程でのアートワークや品質保証プロセスへのAI技術の融合、プレイデータのAI解析といった開発・運営の高度化に向けた技術開発も同時に実施しています。
《kuma》

関連ニュース

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら