オスカー俳優ゲイリー・オールドマンはあの『Call of Duty』に出演していた!?ゲームとの意外な関係 | GameBusiness.jp

オスカー俳優ゲイリー・オールドマンはあの『Call of Duty』に出演していた!?ゲームとの意外な関係

文化 その他

現地時間3月4日、アメリカ・ロサンゼルスのドルビー・シアターで開催された第90回アカデミー賞授賞式。様々な名作が栄冠を勝ち取りましたが、主演男優賞は、名優ゲイリー・オールドマンが受賞しました。映画「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男(原題:Darkest Hour)」のチャーチル役が高く評価されたオールドマンですが、実はビデオゲームにも出演していたのです。

オールドマンが出演していたのは、Activisionが世界に誇るFPSシリーズ『Call of Duty』作品で2008年に発売(日本未発売)された『Call of Duty: World at War』および、2010年にリリースされた『Call of Duty: Black Ops』の2作品。シリーズ作品でも評価が高い両タイトルで担当したのは、ストーリー上でも大きな役割を果たすキーパーソン、ヴィクトル・レズノフです。

YouTube:https://youtu.be/OPTOVQFRggI

オールドマンは、コミカルな3枚目から異様な存在感を放つ悪役など、様々な人物を徹底した役作りで演じ分けることで知られていますが、ヴィクトル・レズノフはまさに怪演。ロシア訛りの英語と凄みが合わさった演技が心に残った方も多いかもしれません。なお、2012年発売の『Call of Duty: Black Ops II』では出演していないものの、レズノフの音声が登場しています。

2014年、BBC AmericaのThe Graham Norton Showに出演した際は、レズノフの演技を振り返る形で披露しており、貴重な生演技が見られます。

YouTube:https://youtu.be/dYVzaG0B0qY

ちなみにオールドマン自身はほかにも『スパイロの伝説』シリーズや、現在開発中の『Star Citizen』シングルプレイヤー「Squadron 42」にも出演。もっと多くのビデオゲームで声を聞きたい、というユーザーも多いのではないでしょうか。
《秋夏@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら