ヤフー、AI技術とビッグデータを活用した実証実験を本格的に開始…参画者を新たに募集 | GameBusiness.jp

ヤフー、AI技術とビッグデータを活用した実証実験を本格的に開始…参画者を新たに募集

企業動向 発表

ヤフーは、自社のビッグデータ・AI技術を活用した実証実験を2月6日より本格的に開始しました。実験を通じて、同社のリソースと顧客企業の持つデータを掛け合わせ、顧客の活動を支援する新規事業を19年度に開始するとしています。

実証実験では、同社のメイン事業でもある検索やメディア、ECなどの多岐にわたるビッグデータに加え、同社が保有するAI技術・スパコンなど高度な計算技術も活用し、顧客企業の持つデータと掛け合わせた上でデータを分析します。

分析結果は、先行して取り組みを進めている「広告」領域から対象を広げ、生活者の深い理解に基づく「商品企画」、需要予測に基づく「生産・物流の最適化」など、あらゆる企業活動の課題解決に活用するとのこと。生活者のニーズに、顧客企業が提供する商品・サービスがマッチしたものに改善されることを目指します。

先行して、日産自動車、江崎グリコ、日本プロサッカーリーグ、神戸市、福岡市といった企業や自治体などそれぞれと実証実験を進めていますが、実証実験を本格化していくにあたり、参画者を拡大。ビッグデータを保有する企業・自治体・研究機関を対象に、参画者を募っています。

今回の実証実験を通じて、AI・ビッグデータを活用した顧客活動支援の新規事業を2019年度までに開始することも明らかにしています。
《さかまきうさろーる》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら