【特集】大手海外ゲーム掲示板「NeoGAF」の騒動記録―運営者の性犯罪疑惑、怒れる利用者が起こした「嵐」とは | GameBusiness.jp

【特集】大手海外ゲーム掲示板「NeoGAF」の騒動記録―運営者の性犯罪疑惑、怒れる利用者が起こした「嵐」とは

その他 事件

【特集】大手海外ゲーム掲示板「NeoGAF」の騒動記録―運営者の性犯罪疑惑、怒れる利用者が起こした「嵐」とは
  • 【特集】大手海外ゲーム掲示板「NeoGAF」の騒動記録―運営者の性犯罪疑惑、怒れる利用者が起こした「嵐」とは
  • 【特集】大手海外ゲーム掲示板「NeoGAF」の騒動記録―運営者の性犯罪疑惑、怒れる利用者が起こした「嵐」とは
先日、大手掲示板「NeoGAF」が「24時間以上アクセス不能になった」というニュースが海外で駆け巡り、ゲーマーやメディアの間で話題となりました。その大まかな内容は、「運営者に性的暴行疑惑が浮上し、利用者から怒りの声が殺到した」というものでした。

「NeoGAF」に親しみがない方であっても昨今のSNSやメディアを巡る事件を考えれば、思うところもある事件と言えるかもしれません。本稿では「NeoGAF」にまつわる一連の騒動を記録しながら、記事執筆時点の動向までを紹介します。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

■海外ゲームフォーラム「NeoGAF」とは


新作ゲーム情報からカルチャーネタ、未発表作品の噂などで賑わうこの掲示板は、英語圏のゲーム系フォーラム利用者から大きな支持を得ていました。投稿にはアカウントを要するため参加ハードルが無いとは言えませんが、Shinobi氏やNibel氏を始めとした利用者は海外ビデオゲームコミュニティーでの認知度が高く、一部では大物の業界インサイダーとして知られています。

「NeoGAF」での主だったトピックは、新作ゲーム情報や業界への所感、海外メディア批評、ゲーマーならではの共通の話題など。新たな商標や出所不明の噂なども飛び交っていましたが、中には「1年間に52本のゲームをクリアしよう」「最近どんなJRPGを遊んでる?」と言った親しみやすい話題も見られていました。

■騒動のはじまり


Neogaf.com’s EviLore sexual assault

今回の騒動の当事者は、「NeoGAF」を運営するオーナーのTyler "Evilore" Malka氏。発端となったのは、映画監督の女性Ima Leupp氏がFacebookに投稿した「性的暴行の告発」でした。

Leupp氏の10月22日の書き込みによると、とある旅行の最中、Leupp氏が飲酒後にシャワーを浴びようとしたところに「友人の男性」が突然全裸で入り込んできた、とのこと。当時交際相手がいたLeupp氏はこの行為を拒んでいたと話しています。

Leupp氏は投稿の中で、「友人」が自分に悪態をついたり無視をするようになったと述べながら、「『私から先に誘惑したものだと主張されてしまうかもしれない』という恐怖のため、交際相手には話せなかった」とコメント。この一件の後に破局したとも明かしていました。

この投稿が公開された際、「友人」の名前は公表されていませんでしたが、とあるユーザーが尋ねたところでLeupp氏が「Eviloreでググってみて」と返信。こうして、「NeoGAF」オーナーであるTyler "Evilore" Malka氏にネットユーザーの矛先が向き始めました。

■Malka氏と「NeoGAF」に起きたこと


日本時間で10月23日未明、「NeoGAF」にはMalka氏を非難するコメントや詳細を尋ねる投稿などが殺到。さらに、この事態を知った「NeoGAF」のモデレーター(管理者)の一部は掲示板を去り出していました。

その後「NeoGAF」は24時間以上にわたるアクセス不能状態になりましたが、Malka氏は24日未明に声明を発表。事態を説明しながら、Leupp氏の主張が事実ではなく、無実を裏付ける証拠や証人が揃っている旨を述べました。さらにMalka氏はVice Waypointに対して「人間不信と便宜主義の完璧なる嵐」と否認する旨を主張しましたが、Malka氏が語った当時の振り返りに対して、Leupp氏は「妄想」だと語ったとのことです。

こういった事態に対して、「NeoGAF」ユーザーからは様々な反応が届きます。兎にも角にもMalka氏から声明を発表されたことに安堵する利用者や、「NeoGAFは終わった」「さよなら、クソ野郎」と罵倒を浴びせる利用者のみならず、自分のアカウントを停止するよう求めたり、意図的にルールを破る投稿までもが飛び出しました。

■「NeoGAF」運営再開後



記事執筆時点で、「NeoGAF」のGamingカテゴリは一応の正常稼働を再開。しかしながら、前述のShinobi氏、Nibel氏らを始めとした有名ユーザーによって、代替と言える新フォーラムサイト「ResetEra」が立ち上げられます。Eurogamerによれば、この新フォーラムの立ち上げは元「NeoGAF」モデレーターと常連ユーザーによってDiscord上で計画されていたもので、騒動からおよそ7日間で動き出したと伝えられています。

Leupp氏の告発、それを受けたMalka氏の声明で一旦の落ち着きが生まれたようにも見受けられますが、Malka氏は2012年にも女性問題が取り沙汰されていたこともあり、一部では疑惑の判断材料と見られているようです。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

発端となったLeupp氏の投稿は、2017年10月中旬より、SNSを中心に広まった性的被害の告発キャンペーン「#MeToo」を受けたもの。このムーブメントはハリウッドの映画監督ハーヴェイ・ワインスタイン氏の問題を巡るところから動き出していましたが、その運動は世界的に広まっており、ゲーム業界で言えば『アンチャーテッド』シリーズ元開発者とノーティードッグの「セクハラ疑惑」騒動も関連事件として挙げられます。

なお、本記事執筆時点で、「NeoGAF」運営者のMalka氏と被害を受けたと告発したLeupp氏の一件に関して、法執行機関や警察組織からの声明は届けられていません。単刀直入に言えば「どちらが正しい」とは語れないのが現状ではあるものの、一連の騒動の爪痕は海外ゲームコミュニティーの中に深く残ることになるかもしれません。
《キーボード打海@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら