PS4ゲームをスマホで操作する「PlayLink」の新作実写ADV『Erica』発表 | GameBusiness.jp

PS4ゲームをスマホで操作する「PlayLink」の新作実写ADV『Erica』発表

企業動向 発表

スマホで操作する新作実写ADV『Erica』―日本語版も予定されている新たなゲーム体験に迫る
  • スマホで操作する新作実写ADV『Erica』―日本語版も予定されている新たなゲーム体験に迫る
  • スマホで操作する新作実写ADV『Erica』―日本語版も予定されている新たなゲーム体験に迫る
  • スマホで操作する新作実写ADV『Erica』―日本語版も予定されている新たなゲーム体験に迫る

ソニーが提供する新しいゲームの形「PlayLink」。スマートフォンをコントローラーとして使用し、PS4のゲームを遊ぶことが可能になります。その対応タイトルとして、先日の「PlayStation Media Showcase」で発表されたタイトルが『Erica』です。

『Erica』は実写映像を使用したアドベンチャーゲーム。プレイヤーは辛い過去を持った女性エリカとなり、スマートフォンを使用しゲーム内の様々なものを調べたり、選択肢を選んだりしてストーリーを進めて行きます。

開発元はイギリス・ロンドンを拠点とするFlavorWorks。クリエイティブディレクターのJack Attridge氏によると、『Erica』は今までゲームに触れたことがなかった人も楽しめるように、スマートフォンをコントローラーとすることで、ゲームの奥深さと誰にでも遊べる手軽さを両立したということです。


ゲームの操作はスマートフォン一つで全て行い(PS4コントローラーでも可)、タッチ&スワイプ操作で本をめくったり箱を開けたりするだけでなく、スマートフォンを傾けることで視線を動かしたりといったことも可能。また、スマートフォンで少し操作して映画の続きを見る……といった形にならないよう、操作が求められるタイミングを研究。およそ15秒に一度は操作を求められるようにする事で、ゲームへの没入感を高めているということです。

プレイヤーの選択により、エリカの行動は変化。物語の行方も大きく変化して行くとのこと。プレイするたびに違ったゲーム体験を得ることができます。ゲームオーバーは存在せず、エンディングまでも1時間半~2時間という映画ほどのボリューム。しかしマルチエンディングを採用していることから、プレイするたびに違った結末を迎えることができます。

ゲームの映像は100%実写。3Dモデリングは一切使用しておらず、これにより役者の微妙な表情の変化などもストーリーにおいて重要な役割を果たすということです。


日本語ローカライズも予定しており、スマートフォンを使った操作も含めて非常に高い没入感を得られそうな今作。新たなゲーム体験として期待したい一作です。

スマホで操作する新作実写ADV『Erica』―日本語版も予定されている新たなゲーム体験に迫る

《シュナイデル関@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら