「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の販売台数が200万台に到達 | GameBusiness.jp

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の販売台数が200万台に到達

市場 市場動向


任天堂は、「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の販売台数が200万になったと平成30年3月期 第 2四半期決算説明会にて発表しました。

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン(7,980円+税)」は、2017年10月5日に発売された家庭用ゲーム機。2Dアクション『スーパーマリオワールド』やアクションRPG『聖剣伝説2』、これまで発売されなかった3Dシューティング『スターフォックス2』をはじめとしたスーパーファミコンの名作が収録されています。

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」は今後も出荷予定。さらに、来年の2018年には、前世代機の「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」の再生産も予定されています。
《真ゲマ@インサイド》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら