企業向けクラウドセキュリティ市場、2016年の80億円から2021年には208億円に拡大と予測 | GameBusiness.jp

企業向けクラウドセキュリティ市場、2016年の80億円から2021年には208億円に拡大と予測

その他 その他

国内クラウドセキュリティ市場、機能セグメント別 売上額予測、2015年~2021年
  • 国内クラウドセキュリティ市場、機能セグメント別 売上額予測、2015年~2021年
IDC Japan株式会社は10月23日、国内クラウドセキュリティ市場の2017年~2021年の予測を発表した。同社では、パブリッククラウド環境へのセキュリティ対策製品市場をクラウドセキュリティ市場と定義し、クラウドシングルサインオンとクラウドセキュリティゲートウェイ、その他クラウドセキュリティの3つの機能セグメントに分類し、市場規模算出・市場予測を行っている。

同市場は、2016年は80億円(前年比21.1%増)となり、2016年~2021年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は20.9%、2021年には208億円に拡大すると予測している。同市場では、企業におけるパブリッククラウドやモバイルデバイスの利活用が進展し、ITリソースがパブリッククラウド上に展開されるケースが増加することから、パブリッククラウド上のITリソースの保護を目的にクラウドシングルサインオンやマルウェア対策への需要が引続き高く、市場をけん引していくとみている。

また、引き続き利用が拡大するハイブリッド環境では、ITリソースの活用状況を集中的に監視、管理するクラウドセキュリティゲートウェイをハブとして、オンプレミスの業務システムやクラウドサービスを利用させるセキュリティソリューションが有効となる。このためクラウドセキュリティゲートウェイへのニーズが高まるとみている。

企業向けクラウドセキュリティ市場、2016年の80億円から2021年には208億円(IDC Japan)

《吉澤 亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら