臨場感にこだわった『シン・ゴジラ』PS VRコンテンツ体験会&樋口監督トークショー | GameBusiness.jp

臨場感にこだわった『シン・ゴジラ』PS VRコンテンツ体験会&樋口監督トークショー

市場 プロモーション

臨場感にこだわった『シン・ゴジラ』PS VRコンテンツ体験会&樋口監督トークショー
  • 臨場感にこだわった『シン・ゴジラ』PS VRコンテンツ体験会&樋口監督トークショー
  • 臨場感にこだわった『シン・ゴジラ』PS VRコンテンツ体験会&樋口監督トークショー
  • 臨場感にこだわった『シン・ゴジラ』PS VRコンテンツ体験会&樋口監督トークショー
  • 臨場感にこだわった『シン・ゴジラ』PS VRコンテンツ体験会&樋口監督トークショー
  • 臨場感にこだわった『シン・ゴジラ』PS VRコンテンツ体験会&樋口監督トークショー
  • 臨場感にこだわった『シン・ゴジラ』PS VRコンテンツ体験会&樋口監督トークショー
  • 臨場感にこだわった『シン・ゴジラ』PS VRコンテンツ体験会&樋口監督トークショー
  • 臨場感にこだわった『シン・ゴジラ』PS VRコンテンツ体験会&樋口監督トークショー
2016年7月29日から全国ロードショーがスタートした映画『シン・ゴジラ』。今回は、その世界をPlayStation VRで体験できる「『シン・ゴジラ』スペシャルデモコンテンツ for PlayStation VR」の特別先行体験会と、記念トークショーの模様をお伝えいたします。


『シン・ゴジラ』スペシャルデモコンテンツ for PlayStation VR」は、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアと東宝株式会社が共同で開発したコンテンツです。実際の映画用に製作された3DCGデータを使用し、史上最大となる全長118.5メートルのフルCGゴジラが目の前に迫るという、PS VRでしか味わえないリアルなゴジラ体験が可能となっています。なお、本コンテンツは2016年10月13日のPS VR発売日同日より期間限定で無料配信されます。


イベントではまず、『シン・ゴジラ』監督・特技監督の樋口真嗣氏、プロデューサーの佐藤善宏氏が登壇し、先週公開されたばかりの『シン・ゴジラ』についてトークショーを行いました。まず、キャスティングについてから話はスタート。38テイクも重ねたシーンがあったり、一度撮影が終わったシーンを再び異なるカットから撮影することになりベテラン俳優さんたちが台本を確認しなおすという場面もあったそうです。また、ゴジラ役の野村萬斎さんにオファーをした際、萬斎さんの小学生時代のあだ名がレッドキングであったというエピソードも飛び出しました。

撮影現場では、日本の伝統芸能が持っているポテンシャルをゴジラに流し込み、CGを本物にすることを意識したとのこと。撮影中は、萬斎さんが演技に情熱を注がれ、狂言のように面を製作したり、特徴的に長い尻尾を作って重みをもたせながら撮影したとのエピソードも聞かれました。樋口監督は、「ゴジラが乗り移ったような素晴らしい演技でした」と述べました。


ゴジラのデザインは初代ゴジラを意識。118.5メートルというシリーズ最大のサイズ、尻尾が長い、腕が小さいなど、初代ゴジラの持っていてた東京を破壊するための存在としての怖さが出しているとのこと。戦うためのゴジラになると腕が大きくなり人間のようになるため、恐怖の象徴としてのデザインをされたそうです。

『シン・ゴジラ』では、ゴジラ以外は実際にあるものしか出てこないため、どこまで本物に近づけるかにこだわったそうです。嘘のものを用意する必要がある場合、総監督である庵野氏がシーンごとカットしてしまうという話からも、本物への徹底したこだわりが感じられました。首相官邸には3回ほど取材に入り、美術スタッフが歩測でサイズを計測したり、ドアの厚みをかばんの幅で測るなどのエピソードも。さらに、有明のオペレーションルームでの撮影は、災害が発生した場合実際に使用するため30分以内に撤収しなければならず、撤収のための練習や物品の配置をすべて決めてから撮影をされたそうです。


続いて、「『シン・ゴジラ』スペシャルデモコンテンツ for PlayStation VR」のプレゼンテーションに移り、SIEの秋山賢成氏が登壇しました。VRについて佐藤氏は「見たいものを自由に見られるVRはライバルのような印象」と述べ、樋口監督も「映画のように見えて映画では絶対できないことをやっているし、逆もしかりなので面白い」と興味を伝えました。映画監督としては、VRを撮影に使いたいとのコメントも聞かれました。秋山氏は、「『シン・ゴジラ』のデモで一番こだわりぬいたのは、ゴジラ史上最大の大きさの表現。ゴジラとの距離感、音に臨場感にこだわっています」と伝えました。


その後、樋口監督が実際にコンテンツを初体験。まだ体験をしていない招待者へ配慮をしつつ、辺りを見回したり、驚きの声をあげるなど世界に没入している様子が伺えました。最後に、佐藤氏は「『シン・ゴジラ』とVRもそれぞれにいいスタートをして、新しい時代が生み出せればいいなと思います」、樋口監督「ヘッドセットがよくなっているし、調整の仕方もシンプルになっており、ユーザーとしてVRが欲しいです」とコメントしました。




トークショー終了後は、招待された一般来場者とメディア向けに体験会が開催。ゴジラの圧倒的スケール感と音による臨場感に圧倒され、決して長いデモではありませんでしたが完全に世界に入り込んでしまう感覚がありました。会場内には『シン・ゴジラ』1号機の雛形や歴代映画のポスターが展示され、賑わいを見せていました。




《カミヤマ》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら