BlizzardとFacebookが提携―独自ストリーミング機能の導入へ | GameBusiness.jp

BlizzardとFacebookが提携―独自ストリーミング機能の導入へ

企業動向 発表

BlizzardとFacebookが提携―独自ストリーミング機能の導入へ
  • BlizzardとFacebookが提携―独自ストリーミング機能の導入へ
Blizzard Entertainment(以下、Blizzard)は、Facebookと提携し、Facebookアカウントを使ったゲームへのログインや、同社ゲーム用の独自ストリーミング機能の導入などを進めていると発表しました。

今回の提携により、まず今月中にもFacebookアカウントを使用したログイン機能にBlizzardのPCゲームが対応。『Hearthstone』や『StarCraft II』そして『Overwatch』などのゲームにFacebookアカウントを使用してログインできるようになります。

このログイン機能を布石とし、Blizzardは新たなソーシャル機能を取り入れていくとしています。その一つとして、同社ゲーム用の独自ストリーミング機能「Go Live」の導入を予定。Facebookのライブ配信APIの組み入れを進めているとのこと。「Go Live」の実装により、プレイヤーはBlizzardのゲームをFacebookのタイムラインに直接ライブストリーミングすることが可能となり、友人に登録してもらうことで、ストリーミングの公開を通知できるようになります。

今回の提携にあたり、Blizzardの企業運営担当エグゼクティブ・バイス・プレジデントであるジオ・ハント氏、そしてFacebookのグローバル・ゲーム・パートナーシップ担当取締役のリオ・オリーブ氏は、以下の様に語っています。

■ジオ・ハント氏のコメント
ブリザード・エンターテイメントのゲームは、友達とプレイしているときがいちばん楽しいので、プレイヤーの皆様がお互いに、ゲーム体験を簡単に楽しく共有できるような機能やサービスを提供することが重要です。当社の他のゲームと同様に、オーバーウォッチの今回の統合では、Facebookと緊密に連携しており、これから開発の進行に合わせて、計画のさらに詳細を共有する予定です。

■リオ・オリーブ氏のコメント
ブリザード・エンターテイメントには、プレイヤーの熱心なコミュニティがあり、革新的で質の高いゲーミング体験を送り出してきた驚異的な実績があります。オーバーウォッチでの提携で、AAAゲーム会社とのパートナー関係構築に対するFacebookの貢献を示すことができ、さらに、ブリザード・エンターテイメントのゲーマーの皆様が、一緒にプレイする世界中の友達と、いちばん熱くなれるコンテンツでつながり、共有できるようになりました。
今回の発表に先立ち、Blizzardは『Heroes of the Storm』の大学トーナメントや、『Overwatch』の発売イベントのライブストリーミングをFacebook上で行っていました。この提携により、Blizzardのゲームコミュニティは更なる盛り上がりを見せるのではないでしょうか。
《末永 拓也》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら