Googleのスマホ向けVR「Daydream」が今秋登場、サムスンやLGなどから対応スマホも | GameBusiness.jp

Googleのスマホ向けVR「Daydream」が今秋登場、サムスンやLGなどから対応スマホも

ゲーム開発 バーチャルリアリティ

Googleのスマホ向けVR「Daydream」が今秋登場!サムスンやLGなどから対応スマホも【Google I/O 2016】
  • Googleのスマホ向けVR「Daydream」が今秋登場!サムスンやLGなどから対応スマホも【Google I/O 2016】
  • Googleのスマホ向けVR「Daydream」が今秋登場!サムスンやLGなどから対応スマホも【Google I/O 2016】
  • Googleのスマホ向けVR「Daydream」が今秋登場!サムスンやLGなどから対応スマホも【Google I/O 2016】
  • Googleのスマホ向けVR「Daydream」が今秋登場!サムスンやLGなどから対応スマホも【Google I/O 2016】
  • Googleのスマホ向けVR「Daydream」が今秋登場!サムスンやLGなどから対応スマホも【Google I/O 2016】
  • Googleのスマホ向けVR「Daydream」が今秋登場!サムスンやLGなどから対応スマホも【Google I/O 2016】
  • Googleのスマホ向けVR「Daydream」が今秋登場!サムスンやLGなどから対応スマホも【Google I/O 2016】
  • Googleのスマホ向けVR「Daydream」が今秋登場!サムスンやLGなどから対応スマホも【Google I/O 2016】
 米Googleは、開催中の開発者向けカンファレンス「Google I/O 2016」(現地時間18~20日、米カリフォルニア)において、新たなVR向けプラットフォーム「Daydream」を発表した。

 登場した「Daydream」は、スマートフォンで高品質なVR体験が実現できるよう生成された。すでにVRのカテゴリは消費者にとって一般的になりつつあるが、Googleはユーザーがさらに高いレベルのVR体験ができるよう望んでいるようだ。

 基調講演に登壇したVR担当ヴァイス・プレジデントのクレイ・ベイバー氏は、Googleはオープンソースのダンボール製VRデバイス「Google Cardboard」を発表し、VRの世界をより身近なものにしたが、今後はさらに快適で、より没頭できるような体験が必要となってくると主張。そのためには、スマートフォンとヘッドセット、アプリが一体となってレベルアップする必要があるとした。

 プレビュー版でも判明している通り、次期基本ソフト「Android N」にはVRモードが含まれる。そのなかでは、グラフィック表現の遅延緩和項目などが含まれるという。

 また、基本ソフトによる解決だけでなく、専用スマートフォンの登場についても触れられた。快適なVR体験ができるよう設計された、いわばVR専用スマートフォンを「Daydream Ready」という取り組みの中で開発し、今秋にはサムスンやLG、ASUSなどの各メーカーが発売予定であることを明かしている。

 さらに、噂されていた通り、新たなVRヘッドセットとコントローラーも今秋登場することが伝えられた。

 VR向けのアプリについては、VRアプリ向けの配信プラットフォーム「Daydream Home」が発表された。これによって、VR内でアプリの検索、ダウンロードが可能となる。すでに動画配信大手のNetflixや米大手ゲーム販売大手のエレクトロニック・アーツなどが「Daydream Home」向けのアプリを制作中だという。このほか、「Google play movies」「Streetview」「Photos」「YouTube」という4つのGoogle純正アプリも開発中。

 「Daydream」の提供は今秋が予定されている。

Googleのスマホ向けVR「Daydream」が今秋登場!サムスンやLGなどから対応スマホも【Google I/O 2016】

《Tsujimura》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら