CESAが「ガチャ」への規定を盛り込む新ガイドラインを発表…多数の企業が賛同を表明 | GameBusiness.jp

CESAが「ガチャ」への規定を盛り込む新ガイドラインを発表…多数の企業が賛同を表明

企業動向 発表

CESAが「ガチャ」への規定を盛り込む新ガイドラインを発表…多数の企業が賛同を表明
  • CESAが「ガチャ」への規定を盛り込む新ガイドラインを発表…多数の企業が賛同を表明
一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)が、2016年4月27日に、「ネットワークゲームにおけるランダム型アイテム提供方式運営ガイドライン」を発表しました。

ランダム型アイテム提供方式、いわゆる「ガチャ」に関しては、これまで幾度となく議論が持ち上がっており、一部では問題として取り上げられるケースもありました。そのため今現在も、ユーザーのみならずゲーム業界全体が注目し、またそれぞれが対応すべく動いています。

今回発表された新たなガイドラインでは、有料ガチャで取得できるガチャアイテム一覧の表示や、すべてのガチャアイテムの提供割合が分かる表示などが規定されており、ガチャに対する不信・不安を拭うためのルール作りを改めてはっきりとさせた形となります。

今回CESAが制定したガイドラインに対し、各社は素早く反応。スクウェア・エニックス、セガ、バンダイナムコエンターテインメント、カプコン、コーエーテクモゲームス、DeNA、KONAMIなどが賛同を表明。多くの企業が、新たなガイドラインで定められている移行期間(賛同表明から1年以内)の間に、有料ガチャのアイテムの提供割合表示を視野に入れた対応を進めていくと述べています。

CESAが発表した新たなガイドラインをより深く知りたい方は、下記URLよりご覧ください。

■「ネットワークゲームにおけるランダム型アイテム提供方式運営ガイドライン」制定に関するお知らせ
URL:https://cesa.or.jp/release20160427/
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら