「Ingress」が3周年、ポータル数はすでに500万を突破 | GameBusiness.jp

「Ingress」が3周年、ポータル数はすでに500万を突破

企業動向 発表

3周年を記念して公開されたインフォグラフィック
  • 3周年を記念して公開されたインフォグラフィック
  • 京都で開催されたイベントの模様。Ingressを象徴する「緑」と「青」を身に付いている人が多数
 ナイアンティックは28日、スマートフォンゲーム「Ingress」が昨年11月に3周年を迎えたことを記念し、インフォグラフィックを公開。あわせて創業者のジョン・ハンケ氏が、ブログに記念記事を投稿した。

 「Ingress」は、グーグルから独立したナイアンティックが開発した、現実世界を舞台とした“オンライン陣取りゲーム”。参加者は2つの陣営に分かれ、現実世界を実際に移動しながら、地図上の各地の拠点「ポータル」を取り合って、全世界レベルで競い合う。

 インフォグラフィックによると、現在Ingressプレイヤーは200ヶ国にわたり、ダウンロード数は累計1,400万回以上を記録している。「ポータル」は539万か所に存在し、のべ7億2900万人がポータルを訪れたという。プレイヤーが歩いた総距離は、2014年の約2倍の、2億5800万キロメートル(地球の約6450周分)にも及んでいる。

 昨年2015年には、京都での大規模イベントの開催、東京ゲームショーでのゲームデザイナーズ大賞受賞、任天堂との「Pokemon GO」共同開発の発表、グーグルからの独立などがあったが、2016年の展開についてハンケ氏は「今年は楽しい一年になることでしょう。あらゆるイノベーションが展開され、またさらに重要なこととして、数百万ものポケモンが生息する世界を作り上げることと、その先に何が起こるのかを見られることを楽しみにしています」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら