人が乗れる自律型ドローンが登場、操縦席にはタブレット端末が―中国メーカーが開発 | GameBusiness.jp

人が乗れる自律型ドローンが登場、操縦席にはタブレット端末が―中国メーカーが開発

ゲーム開発 バーチャルリアリティ

人が乗れる自律型ドローンが登場、操縦席にはタブレット端末が―中国メーカーが開発
  • 人が乗れる自律型ドローンが登場、操縦席にはタブレット端末が―中国メーカーが開発
  • 人が乗れる自律型ドローンが登場、操縦席にはタブレット端末が―中国メーカーが開発
  • 人が乗れる自律型ドローンが登場、操縦席にはタブレット端末が―中国メーカーが開発
  • 人が乗れる自律型ドローンが登場、操縦席にはタブレット端末が―中国メーカーが開発
1月6日から9日までラスベガスで開催されたCES会場に、人が乗れる超大型ドローンが出現し注目を集めていました。

このドローン「Ehang 184」は中国のメーカーEhangが開発したもので、Google Mapで指定した場所まで自律飛行が可能とされています。ただし、バッテリーは23分までしか駆動できないので、その範囲内となりそうです。操縦席にはタブレットPCが備え付けられていることから、緊急時には搭乗者が操縦を行えるのかもしれません。


会場では展示のみで、実際に動く姿は確認できませんでしたが、「Ehang 184」のサイト情報によると1人乗った状態で500mまで上昇でき、平均速度は100Km/hであるとのこと。
《Daisuke Sato》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら