『Half-Life』シリーズの脚本家Marc Laidlaw氏がValveを退社 | GameBusiness.jp

『Half-Life』シリーズの脚本家Marc Laidlaw氏がValveを退社

企業動向 人事

『Half-Life』シリーズの脚本家Marc Laidlaw氏がValveを退社
  • 『Half-Life』シリーズの脚本家Marc Laidlaw氏がValveを退社
1997年以来『Half-Life』シリーズの脚本を手がけていたMarc Laidlaw氏が、Valveを退社したことが明らかとなりました。ファンとのメールのやり取りでは、退社はLaidlaw氏の個人的な理由であり、全く友好的なものであったと説明しています。


『Half-Life』について語るMarc Laidlaw氏


Laidlaw氏は“歳をとった”ことを明白な理由として挙げるとともに(Valve入社時点でニックネームが“old man Laidlaw”だったそうです)、「私はうまくやってきましたが、最近はゲーム制作における共同作業の混乱から距離を置き、より自発的な執筆に戻る必要性を感じています」と胸の内を明かしています。「自分のルーツに戻る良い時期」とも語るLaidlaw氏。別のルートでゲームの世界に戻る可能性はあるとしながらも、それは彼の計画には含まれていないとのことです。

「私はもうValveの従業員ではありません。日々の決定や作業にも関わっておらず、スポークスマンでもない。Valveのゲームに携わる立場ではなく、どんな機密情報も知り得ません」


『Half-Life』シリーズの将来については「私の手にはありません」とし、以前より囁かれている最新作『Half-Life 3』の存在などには言及しませんでした。Laidlaw氏は「共同制作者であったことに感謝しています。しかしシリーズに関わる時間は終わりました」と伝えています。
《RIKUSYO》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら