Googleが「米国で最も検索されたゲームトップ10」発表、1位は意外な作品 | GameBusiness.jp

Googleが「米国で最も検索されたゲームトップ10」発表、1位は意外な作品

市場 市場動向

Googleが「米国で最も検索されたゲームトップ10」発表、1位は意外な作品
  • Googleが「米国で最も検索されたゲームトップ10」発表、1位は意外な作品
検索エンジン大手のGoogleが、「Years in Serch 検索で振り返る2015」を発表し、様々なカテゴリにおける検索ワードランキングを公開。その中でも、米国を対象にしたビデオゲームタイトルトップ10をご紹介します。

1位に輝いたのは『Agar.io』と呼ばれるブラウザ/スマートフォン向け対戦ゲーム。ペレットを食べて自らを大きくし、自分より小さいプレイヤーを吸収していくという、お手軽ながらも奥の深いゲーム性で人気を博しています。

AAAタイトルで最上位となったのは、待望のRPGシリーズ新作『Fallout 4』で2位にランクイン。また、Activisionの人気シリーズ最新作『Call of Duty: Black Ops III』が4位、映画「スターウォーズ/フォースの覚醒」の公開も迫る『Star Wars: Battlefront』が5位となっています。国産タイトルでは『ソウル』シリーズの系譜『Bloodborne』が9位、任天堂のスマホ向け新プロジェクト『Pokemon GO』が6位にランクインしています。

■米国ビデオゲーム検索ランキング
1.『Agar.io』
2.『Fallout 4』
3.『Mortal Kombat X』
4.『Call of Duty: Black Ops III』
5.『Star Wars Battlefront』
6.『Pokemon GO』
7.『Madden 16』
8.『NBA 2K16』
9.『Bloodborne』
10.『Battlefield Hardline』
《水京》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら