NASA宇宙飛行士のロボット訓練に「PlayStation VR」利用、操作遅延にも対応 | GameBusiness.jp

NASA宇宙飛行士のロボット訓練に「PlayStation VR」利用、操作遅延にも対応

ゲーム開発 バーチャルリアリティ

NASA宇宙飛行士のロボット訓練に「PlayStation VR」利用、操作遅延にも対応
  • NASA宇宙飛行士のロボット訓練に「PlayStation VR」利用、操作遅延にも対応
  • NASA宇宙飛行士のロボット訓練に「PlayStation VR」利用、操作遅延にも対応


海外メディアRoad to VRより、PlayStation VR技術を用いたNASA宇宙飛行士向けの訓練シミュレーション映像が披露されています。このVRデモは「Mighty Morphenaut」と呼ばれており、ヒューマノイドロボット計画「Robonaut 2」を模したシミュレーターとして利用されているようです。

「Mighty Morphenaut」は「ロボノート2」の操作で発生するレイテンシーも再現しているとのこと。NASAのソフトウェアエンジニアGarrett Johnson氏は遅延を考慮した作業訓練に役立つとコメントしていますが、更なる再現度の高いシミュレーションを実現するまでにいくつかの問題が残っているとも述べています。
《subimago》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら