LINE、ライブ配信プラットフォーム「LINE LIVE」を始動 | GameBusiness.jp

LINE、ライブ配信プラットフォーム「LINE LIVE」を始動

企業動向 発表

LINE、ライブ配信プラットフォーム「LINE LIVE」を始動
  • LINE、ライブ配信プラットフォーム「LINE LIVE」を始動
  • LINE、ライブ配信プラットフォーム「LINE LIVE」を始動
LINE株式会社が、メッセージングアプリ「LINE」にてライブ配信プラットフォーム「LINE LIVE(ラインライブ)」(iOS/Android)を公開した。

LINEでは2014年2月より試験的な取り組みとして、タレント・アーティストなどの著名人や企業の公式アカウントを通じてライブ映像を配信する機能「LINE LIVE CAST」を展開しており、2015年5月に配信した「しょこたん でんぱ組 生放送」では230万以上のコメントを、同10月に配信した「めざましテレビPRESENTS T-SPOOK」では510万人以上の視聴者数を記録するなどユーザーから好評を得たという。それを踏まえ、サービスの機能・コンテンツラインナップ共に大幅に拡充し、新たに「LIVE」として提供を開始した。

「LIVE」は、「LINE」のユーザー基盤とアクティブ率、プッシュ通知機能の仕組みを活かしたライブ配信プラットフォーム。

著名人・タレント、企業、個人など様々な主体によるライブ配信形式の映像・番組を、「LIVE」公式アカウントやタレント・アーティスト・企業の公式アカウント、スマートフォンアプリ、Webブラウザなどを通じて配信し、「LINE」のプッシュ通知機能によりその場で集客、さらに配信者と視聴者が直接コミュニケーションできる機会を提供する。

当日放送される番組情報一覧は「LIVE」公式アカウントから毎日ダイジェスト形式で配信されるため、お気に入りの番組を気軽にチェックすることが可能。サービス開始当初は試験期間として、スマートフォンの利用率が高い11時前後~14時、18時~24時前後に限定して番組を配信していく。

主なコンテンツは、アーティストのライブ前の様子やスポーツ選手の試合以外のプライベート映像といった、普段見ることができない著名人のリアルな情報を個人配信形式で届ける「公式パーソナルライブ」や、イベント・劇場・TV/ラジオ番組・スポーツなど様々なコンテンツ・プロバイダー(CP)との連携/協業による「公式番組」などで、今後100名を超えるアーティスト・タレントが公式パーソナルライブの配信を予定しているとのこと。

サービス開始当初は著名人・アーティスト個人による映像配信が主体となるが、2016年早々に一般個人による配信も可能になる予定。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら