ノキア、VRカメラ「OZO」を2016年第1四半期に6万ドルで発売 | GameBusiness.jp

ノキア、VRカメラ「OZO」を2016年第1四半期に6万ドルで発売

ゲーム開発 バーチャルリアリティ

ノキア、VRカメラ「OZO」を2016年第1四半期に6万ドルで発売
  • ノキア、VRカメラ「OZO」を2016年第1四半期に6万ドルで発売
  • ノキア、VRカメラ「OZO」を2016年第1四半期に6万ドルで発売
  • ノキア、VRカメラ「OZO」を2016年第1四半期に6万ドルで発売
  • ノキア、VRカメラ「OZO」を2016年第1四半期に6万ドルで発売
フィンランドのNokiaが、VRコンテンツ用の動画撮影用カメラ「OZO」を2016年第1四半期に6万ドル(約737万円)で発売すると発表した。また予約受付も開始している。予約ページはこちら

「OZO」は8つのグローバルシャッターとマイクを搭載した球体状のプロ仕様カメラで、ファインダでリアルタイムに3D映像を確認しながら撮影することが可能。撮影した動画はそのままカメラで確認できるので、HMDなどを別途用意することなく簡単且つ手軽にVR動画を撮影することができる。重量は約6ポンド(約2.7kg)で、ドローンに取り付けて空撮したり、撮影した風景をそのままライブストリーミングすることもできる。記録可能時間は約45分。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら