DeNA、横浜スタジアムの運営会社を公開買付けにより買収へ | GameBusiness.jp

DeNA、横浜スタジアムの運営会社を公開買付けにより買収へ

企業動向 発表

株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)が、同社の連結子会社でプロ野球団を運営する株式会社横浜DeNAベイスターズが、横浜スタジアムの運営会社である株式会社横浜スタジアムの子会社化を目指し、株式公開買い付けを行うと発表した。

DeNAは2011年12月に球団運営のための子会社として株式会社横浜DeNAベイスターズを設立し、2012年シーズンよりプロ野球に参入。以降同社が提供する各種ゲームタイトルや仮想ライブ空間「SHOWROOM」にて様々な連動企画を実施するなどファン拡大に務めてきた。今回の買収の狙いは、球団と球場の経営を一体化し効果的な設備投資や事業運営を迅速を可能にするというもので、DeNAでは「より横浜市民に愛される球場を構築できる」としている。

プレスリリースはこちら
《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら