バンク・オブ・イノベーション、サポート体制の強化などを目的に総額約7億円を調達 | GameBusiness.jp

バンク・オブ・イノベーション、サポート体制の強化などを目的に総額約7億円を調達

企業動向 資金調達

バンク・オブ・イノベーション、サポート体制の強化などを目的に総額約7億円を調達
  • バンク・オブ・イノベーション、サポート体制の強化などを目的に総額約7億円を調達
株式会社バンク・オブ・イノベーションが、ニッセイ・キャピタル6号投資事業有限責任組合とMSIVC2012V投資事業有限責任組合、りそなキャピタル3号投資事業組合の3社を割当先とした第三者割当増資等により、総額約7億円の資金調達を行なった。

バンク・オブ・イノベーションは2006年に創業された企業で、検索サービス、PC向けアプリ、スマートフォン向けゲームアプリの開発、運用を行ってきた。現在は100万ダウンロードを突破しているスマートフォン向けファンタジーRPG『幻獣契約クリプトラクト』などの開発・提供で知られている。

今回の資金調達は、同社のビジョン達成と今後のマーケットを視野に入れた事業拡大に伴う組織体制の拡充、新規複数本のスマートフォン向けゲームアプリ及び新規インターネットサービスにおける開発体制、サポート体制の強化と加速を目的としたものとのこと。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら