米テーマパークのCarowinds、2016年春にタワーディフェンスゲーム『Plants Vs. Zombies』のアトラクション | GameBusiness.jp

米テーマパークのCarowinds、2016年春にタワーディフェンスゲーム『Plants Vs. Zombies』のアトラクション

市場 IP

米テーマパークのCarowinds、2016年春にタワーディフェンスゲーム『Plants Vs. Zombies』のアトラクション
  • 米テーマパークのCarowinds、2016年春にタワーディフェンスゲーム『Plants Vs. Zombies』のアトラクション
  • 米テーマパークのCarowinds、2016年春にタワーディフェンスゲーム『Plants Vs. Zombies』のアトラクション
  • 米テーマパークのCarowinds、2016年春にタワーディフェンスゲーム『Plants Vs. Zombies』のアトラクション
米ノースカロライナ州シャーロットにあるテーマパーク「Carowinds」が、2016年春にElectronic Arts(EA)傘下のソーシャルゲームディベロッパーPopCap Gamesが提供するタワーディフェンスゲーム『Plants Vs. Zombies』シリーズをモチーフにしたアトラクション「Plants vs. Zombies Garden Warfare: 3Z Arena」をオープンすると発表した。

『Plants Vs. Zombies』シリーズは、プレイヤーが庭師となって様々な能力を持った植物を配置しゾンビを撃退するタワーディフェンスゲーム。最初はWhindows PC向けのカジュアルゲームとしてリリースされたが、のちにFacebookなど複数のプラットフォームにてソーシャルゲームとして配信され全世界で人気となった。現在はスマートフォンアプリ版やコンソール版も提供されており、ぬいぐるみやフィギュアなど各種グッズも販売されるなど定番人気タイトルとなっている。

今回オープンが決定したアトラクションは2つのスクリーンを有するシアター型の屋内施設で、来園者が植物側とゾンビ側の2つの陣営に別れて対戦する形式になるという。場内には大型スクリーンの他サラウンドシステムとゲーム画面と連動して動くシートが設置され、来園者は直接スクリーンに向かってブラスターを撃ち敵陣営と戦う。アトラクションの所要時間は約5分で、全ての年齢の来園者が楽しめる内容になるとのこと。

(c) 2015 Electronic Arts Inc., Plants vs. Zombies, PopCap, EA, and the EA logo are trademarks of Electronic Arts Inc
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら