ディズニー、VR系スタートアップのJauntに6500万ドルを出資 | GameBusiness.jp

ディズニー、VR系スタートアップのJauntに6500万ドルを出資

企業動向 資金調達

ディズニー、VR系スタートアップのJauntに6500万ドルを出資
  • ディズニー、VR系スタートアップのJauntに6500万ドルを出資
米カリフォルニアに拠点を置くVR(仮想現実)スタートアップのJauntが、シリーズCラウンドにてディズニーより6,500万ドル(約78億円)を調達した。

Jauntは米カリフォルニア・パロアルトに拠点を置くVR映像制作会社。VR映像の制作のため専用のカメラやソフト自体も開発しており、主に実写ベースのVRコンテンツを制作している。今年5月には本社とは別にロサンゼルスにVRコンテンツ専門の撮影スタジオ「Jaunt Studios」もオープンした。

ディズニーは同社の技術を使用し、今月より傘下のABC Newsにて”VR版”となる「ABC VR News」のアプリをリリースしていた。なお、今回のシリーズCの調達ラウンドにはEvolution Media Capitalと、娯楽産業に特化した中国の投資ファンド華人文化産業投資基金(China Media Capital)も参加しているとのこと。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら