『グランド・セフト・オート』シリーズ累計出荷本数が2億2000万本を超える | GameBusiness.jp

『グランド・セフト・オート』シリーズ累計出荷本数が2億2000万本を超える

市場 市場動向

『グランド・セフト・オート』シリーズ累計出荷本数が2億2000万本を超える
  • 『グランド・セフト・オート』シリーズ累計出荷本数が2億2000万本を超える
  • 『グランド・セフト・オート』シリーズ累計出荷本数が2億2000万本を超える
1997年に登場して以来、注目を集め続けているクライムアクションシリーズ『Grand Theft Auto』ですが、パブリッシャーTake-Two Interactiveは米国証券取引委員会に提出した報告書において、同シリーズの累計出荷本数が2億2千万本以上であることを明らかにしました。

その内、シリーズ最新作『Grand Theft Auto V』の出荷本数は、先日にも伝えられたように5,400万本となっています。Take-Twoは『Grand Theft Auto』シリーズを「業界において最も象徴的で賞賛されたブランド」とし、『Grand Theft Auto Online』でフランチャイズを拡大すると記載しています。

また、報告書では新作の発売やXbox Oneの後方互換対応を求める声が多い『Red Dead Redemption』にも言及。同作の累計出荷本数は1,400万本で、西部劇ジャンルの活気を取り戻した作品、拡張コンテンツが商業的成功を収めた作品と評されています。

その他には『NBA 2K』『WWE 2K』『Civilization』『Borderlands』といったシリーズの名を挙げ、成功の土台を築いているのはRockstar Gamesや2Kのようなレーベルのクリエイティブな才能であると伝えています。
《Game*Spark》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら