スマホ向け戦国ゲーム『戦国炎舞 -KIZNA-』が台湾での配信を決定 | GameBusiness.jp

スマホ向け戦国ゲーム『戦国炎舞 -KIZNA-』が台湾での配信を決定

その他 その他

サムザップは、Garena台湾と提携し、iOS/Androidアプリ『戦国炎舞 -KIZNA-』の台湾での配信が決定したと発表しました。

『戦国炎舞 -KIZNA-』は、2013年4月にiOS版、7月Android版の提供を開始したリアルタイムバトルRPGです。1日3回行われる合戦を通して、天下統一を目指します。合戦は、最大20人で行う30分間のリアルタイムバトル。プレイヤー同士で連合を組み、仲間と協力しながら戦います。

今回、Garena台湾と提携し、本作の台湾での配信が決定しました。配信は2015年の予定。Garenaはシンガポールに本社を置く、東南アジア最大のオンラインゲーム企業です。League of Legends、BlackShot、Heroes of Newerthなど、153カ国から3000万人以上の登録ユーザーがいるオンラインゲームを提供しています。

CyberZ「東アジアにおけるスマートフォンゲーム市場動向調査」によると、台湾のスマートフォンゲーム市場は2013年実績が260億円と、前年比約520%の成長を実現。サムザップは、こうした状況を踏まえ、今後も市場の伸びが期待できる台湾での配信を決定したとのことです。

(C) Sumzap Inc. All Rights Reserved.
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら