海外で学生e-Sports団体が大幅増加― 「1940年代のバスケと同程度」という声も | GameBusiness.jp

海外で学生e-Sports団体が大幅増加― 「1940年代のバスケと同程度」という声も

その他 その他

New York Timesの報道より、海外の学生e-Sports団体数が昨年度と比べ大きく増加し、10,000名以上の学生プレイヤーが活動中であることが伝えられています。
  • New York Timesの報道より、海外の学生e-Sports団体数が昨年度と比べ大きく増加し、10,000名以上の学生プレイヤーが活動中であることが伝えられています。
  • New York Timesの報道より、海外の学生e-Sports団体数が昨年度と比べ大きく増加し、10,000名以上の学生プレイヤーが活動中であることが伝えられています。
New York Timesの報道より、海外の学生e-Sports団体数が昨年度と比べ大きく増加し、10,000名以上の学生プレイヤーが活動中であることが伝えられています。

Collegiate StarLeagueの代表Duran Parsi氏によれば、現在450校ほどの大学でe-Sports団体がアクティブな状態となっているとのこと。昨年の260校より1.7倍ほど増加している模様です。『League of Legends』を提供するRiot Gamesの社員Christopher Wyatt氏は、これを1940年代におけるバスケットボールシーンとほぼ同程度の普及率であると語っています。

更に海外メディアPolygonでは、『LoL』の北米大学向けチャンピオンシップやBlizzard Entertainmentによるe-Sports文化へのコミットメントなどを例に挙げながら、学生e-Sports団体と企業による活動を振り返っています。近年では『LoL』『Dota 2』などを始めとしたMOBAや『StarCraft 2』『Hearthstone』などの作品がe-Sportsタイトルとして大きな盛り上がりを見せていますが、今後の更なる発展が期待されます。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら