フィンランドのモバイルゲームディベロッパーのTrapLight Games、シードラウンドにて50万ドルを調達 | GameBusiness.jp

フィンランドのモバイルゲームディベロッパーのTrapLight Games、シードラウンドにて50万ドルを調達

その他 その他

フィンランド・タンペレに拠点を置くモバイルゲームディベロッパーの  TrapLight Games  が、シードラウンドにてSunstone Capital、Finnvera Venture Capital、East Wings及び個人投資家から計50万ドル(約5390万円)を調達したと発表した。
  • フィンランド・タンペレに拠点を置くモバイルゲームディベロッパーの  TrapLight Games  が、シードラウンドにてSunstone Capital、Finnvera Venture Capital、East Wings及び個人投資家から計50万ドル(約5390万円)を調達したと発表した。
  • フィンランド・タンペレに拠点を置くモバイルゲームディベロッパーの  TrapLight Games  が、シードラウンドにてSunstone Capital、Finnvera Venture Capital、East Wings及び個人投資家から計50万ドル(約5390万円)を調達したと発表した。
  • フィンランド・タンペレに拠点を置くモバイルゲームディベロッパーの  TrapLight Games  が、シードラウンドにてSunstone Capital、Finnvera Venture Capital、East Wings及び個人投資家から計50万ドル(約5390万円)を調達したと発表した。
フィンランド・タンペレに拠点を置くモバイルゲームディベロッパーのTrapLight Gamesが、シードラウンドにてSunstone Capital、Finnvera Venture Capital、East Wings及び個人投資家から計50万ドル(約5390万円)を調達したと発表した。

TrapLight Gamesは2010年に設立された社員数12名のスタートアップで、既にRedlynx、Ubisoft、Supercelなどとも協業を行っており、現在は2015年初頭にリリース予定のiOS向けアクションゲーム『What on Earth!』を開発している。今回の資金調達に伴い、Sunstone Capital所属でスウェーデンのMojangの顧問でもあるNikolaj Nyholm氏がTrapLight Gamesの取締役会に参加するという。

《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら