フィンランドのスマホゲームを日本へ SQOOL、フィンランド・ユバスキュラに海外法人を設立 | GameBusiness.jp

フィンランドのスマホゲームを日本へ SQOOL、フィンランド・ユバスキュラに海外法人を設立

市場 海外市場

株式会社SQOOL  の取締役である鄭一東氏が、フィンランド・ユバスキュラに同社の海外法人である「シドラ・マーケティング株式会社」を設立した。
  • 株式会社SQOOL  の取締役である鄭一東氏が、フィンランド・ユバスキュラに同社の海外法人である「シドラ・マーケティング株式会社」を設立した。
株式会社SQOOLの取締役である鄭一東氏が、フィンランド・ユバスキュラに同社の海外法人である「シドラ・マーケティング株式会社」を設立した。

シドラ・マーケティングは、フィンランドにて優れたゲームアプリの開発事業者を発掘し、そのゲームタイトルをSQOOLのネットワークを利用して日本に導入することを目的に設立された。既にSQOOLでは先月よりフィンランドのゲームアプリを日本市場へ導入する事業を開始しており、Add Inspirationが開発したiOS向けゲームアプリ『キューボス』の配信を行っているが、今回改めて同事業を手がける海外法人を設立した。

フィンランドは、助成金制度の充実や低い法人税率など起業家にとって良い環境が整備されており、加えて全国20校以上がゲーム制作に関する教育プログラムを原則無料で提供するなど、国としてゲーム産業の育成に力を入れているため、人口約550万人に対しアプリゲーム開発会社が260社を超えるなどゲーム産業の密度が高く、優秀な技術を擁する会社も多数存在する。

Rovio Entertainmentの『Angry Birds』シリーズやSupercellの『Clash of Clans』などグローバル市場で成功した有名タイトルも生み出しており、ゲーム産業の盛んな国として知られている。

今後SQOOLとシドラ・マーケティングでは、日本のユーザーにフィンランドの優れたゲームを気軽に楽しんでもらえる市場環境を構築し、さらに今後も様々なプロジェクトを実施するとしている。

■シドラ・マーケティング株式会社概要
Sidora Marketing Ltd. Oy
設立:2015年6月24日
事業内容:スマートフォン用アプリマーケティング事業
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら