サムスンがVRヘッドセット「Gear VR」を正式発表、Oculus VRとの共同開発 | GameBusiness.jp

サムスンがVRヘッドセット「Gear VR」を正式発表、Oculus VRとの共同開発

その他 その他

かねてより存在が囁かれていたサムスンとOculus VRとの共同開発による新型VRヘッドセット「Gear VR」が正式に発表されました。この「Gear VR」は合わせて発表された新型ファブレット「GALAXY Note 4」を組み込んで使用する形になっています。
  • かねてより存在が囁かれていたサムスンとOculus VRとの共同開発による新型VRヘッドセット「Gear VR」が正式に発表されました。この「Gear VR」は合わせて発表された新型ファブレット「GALAXY Note 4」を組み込んで使用する形になっています。
  • かねてより存在が囁かれていたサムスンとOculus VRとの共同開発による新型VRヘッドセット「Gear VR」が正式に発表されました。この「Gear VR」は合わせて発表された新型ファブレット「GALAXY Note 4」を組み込んで使用する形になっています。
  • かねてより存在が囁かれていたサムスンとOculus VRとの共同開発による新型VRヘッドセット「Gear VR」が正式に発表されました。この「Gear VR」は合わせて発表された新型ファブレット「GALAXY Note 4」を組み込んで使用する形になっています。
  • かねてより存在が囁かれていたサムスンとOculus VRとの共同開発による新型VRヘッドセット「Gear VR」が正式に発表されました。この「Gear VR」は合わせて発表された新型ファブレット「GALAXY Note 4」を組み込んで使用する形になっています。
  • かねてより存在が囁かれていたサムスンとOculus VRとの共同開発による新型VRヘッドセット「Gear VR」が正式に発表されました。この「Gear VR」は合わせて発表された新型ファブレット「GALAXY Note 4」を組み込んで使用する形になっています。
かねてより存在が囁かれていたサムスンとOculus VRとの共同開発による新型VRヘッドセット「Gear VR」が正式に発表されました。この「Gear VR」は合わせて発表された新型ファブレット「GALAXY Note 4」を組み込んで使用する形になっています。

Oculus VRによれば、最初のリリースは「Innovator Edition」としての早期アクセス(開発者や愛好家向けのベータ版)となり、コンテンツ制作者は全く新しい経験の構築や実験を行い、ユーザーはVRの最先端を体験する事ができます。

「Gear VR Innovator Edition」の仕様は以下のとおり。

■ Gear VR

光学レンズ:
96°の視野角

センサー:
加速度、ジャイロ、地磁気、近接

Motion to Photon Latency:
<20ms

焦点調整:
近視/遠視アイカバー

瞳孔間距離範囲:
55 〜 71 mm

物理UI:
タッチパッド、バックボタン、ボリュームキー

接続:
Galaxy Note 4に接続するmicroUSB 1.1

外寸(ヘッドセット):
198(W) x 116(L) x 90(H)mm

コンテンツ:
Oculus Storeを通して利用
インボックスのmicroSDカード(16GB): 360°ビデオのコレクション及び主要スタジオの3D映画予告編がプリロード。

■GALAXY Note 4

ディスプレイ:
5.7インチ(143.9mm)
Quad HD Super AMOLED (2560 x 1440)

カメラ(パススルー):
High Frame Rate Preview(60fps)

オーディオ:
VR Galleryコンテンツ用Samsung VR Playerの3D空間サウンド(要イヤホン)
より詳細な情報はサムスンのサイトにて御覧ください。


「Gear VR Innovator Edition」は今秋の出荷を予定。また、Oculus Mobile SDKは10月末までにリリースされると伝えられています。いよいよモバイルにも進出するVRヘッドセット。新たな時代の幕開けが着実に近づいているのではないでしょうか。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら