Microsoft Researchが体感100msのクラウドゲーミング技術「デロリアン」の研究結果を発表 | GameBusiness.jp

Microsoft Researchが体感100msのクラウドゲーミング技術「デロリアン」の研究結果を発表

その他 その他

Microsoft Researchは、クラウドゲーミングの低レイテンシーを可能にする技術「デロリアン(DeLorean)」の研究結果を発表しました。

この「デロリアン」は、予測可能なフレームを予めレンダリングして送信することで、250msまでのネットワークレイテンシーをカバーすることが出来る技術です。実験にはid SoftwareのFPS『DOOM 3』とLionhead StudiosのアクションRPG『Fable 3』が使用されました。研究者の体感では、常に100msほどのラグが感じられたとのことです。

この技術の問題点として、通常のクラウドゲーミングシステムより約5倍の帯域が必要であることが挙げられています。実用化まで、どれほどの必要帯域をコンパクトに出来るのかに注目が集まりますね。

クラウドゲーミングに関しては、SCEのPlayStation Nowや、AMDのRadeon Sky、そしてOnLiveなどの様々なサービスが存在します。Microsoftのクラウドゲーミングに関しては、昨年9月上旬に検証中であることが伝えられました。そのためこの実験は、PCのみならずXbox Oneなどのコンソール機にも検証されている技術かもしれません。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら