統合開発環境「Unity 5」の進化したグラフィックを堪能できるプロダクションデモ映像 | GameBusiness.jp

統合開発環境「Unity 5」の進化したグラフィックを堪能できるプロダクションデモ映像

その他 その他



Unity Technologise社は、マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」の次期バージョンであるUnity 5プロダクションデモを公開しました。このテレポーターデモでは、物理ベースシェーダー(Physically based rendering Shading)やFull Deferred Rendering(遅延シェーディング)、グローバルイルミネーションなど沢山の効果を紹介した動画です。国内ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン公式Twitterによると、このデモは質感表現や複雑なライティングが試されているとのこと。



また、Unity公式Blogではこの映像の詳細な解説が掲載されています。映像で使われたマテリアルはまだ試作段階のもので、シェーダーはさらに発展するようです。この舞台である渓谷もライティングベンチマークやパフォーマンスチャレンジとして、意図的にデザインされています。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら