PlayStationの父、久夛良木健氏が第14回GDCチョイスアワードの特別功労賞に選出 | GameBusiness.jp

PlayStationの父、久夛良木健氏が第14回GDCチョイスアワードの特別功労賞に選出

その他 その他

第14回Game Developers Choice Awardsは、「PlayStationの父」である久夛良木健氏の功績を讃え、特別功労賞を授与することを発表しました。

この、第14回Game Developers Choice Awards授賞式は、Game Developers Conferenceが行われる、米国サンフランシスコのモスコーニ・コンベンションセンターで、現地時間2014年3月19日(水)18時30分から開催され、PlayStation4でリードアーキテクトを担当したマーク・サーニー氏から手渡される予定です。その模様はストリーミング配信で中継されます。

ソニー・コンピューターエンターテインメントの元CEOである久夛良木健氏は、1994年12月3日に国内で発売したPlayStation開発の中心人物であり、1999年にはソニー・コンピューターエンタテインメントのCEOに就任。2006年11月11日にPlayStation 3国内発売から約半年後の2007年4月には、SCEグループのCEOを退任し、SCEの名誉会長になります。

CEO退任後、2007年11月にはAcademy of Interactive Arts & Sciencesから「特別功労賞」を授与。その後、角川グループホールディングスの社外取締役など、さまざまな役職に就任しています。2011年のSCE名誉会長退任後、近年ではマーベラスAQLの社外取締役に向かえるという経歴を持っています。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら