PS3用ゲームが様々な機種でプレイできるクラウドベースの新サービス「PlayStation Now」米国向けに発表 | GameBusiness.jp

PS3用ゲームが様々な機種でプレイできるクラウドベースの新サービス「PlayStation Now」米国向けに発表

その他 その他

ラスベガスで開幕した国際家電ショーCES 2014にて、ソニーがPlayStationプラットフォームの新サービス“PlayStation Now”を米国向けに発表しました。このPS Nowによって、膨大なラインナップを持つPlayStation 3用ゲームが、Gaikaiのクラウドストリーミング技術を介し
  • ラスベガスで開幕した国際家電ショーCES 2014にて、ソニーがPlayStationプラットフォームの新サービス“PlayStation Now”を米国向けに発表しました。このPS Nowによって、膨大なラインナップを持つPlayStation 3用ゲームが、Gaikaiのクラウドストリーミング技術を介し
ラスベガスで開幕した国際家電ショーCES 2014にて、ソニーがPlayStationプラットフォームの新サービス“PlayStation Now”を米国向けに発表しました。このPS Nowによって、膨大なラインナップを持つPlayStation 3用ゲームが、Gaikaiのクラウドストリーミング技術を介してマルチデバイスでプレイ可能になります。

発表によると、まずはPS4やPS3ハードで利用可能になり、次にPS Vita、ゆくゆくは大部分のBRAVIA TV(米国モデル)やソニー製品以外のデバイスでもサポートしていくということです。

また、PlayStation Nowでプレイできるゲームは最新のバージョンにアップデートされており、SENアカウントにログインしていれば、複数のデバイスでもひとつのセーブデータを共有できるのだとか。

提供されるタイトルの詳しいラインナップは分かっていませんが、CES展示会場では、PS3の『パペッティア』や『BEYOND: Two Souls』などがBRAVIAあるいはPlayStation Vitaでプレイできたとの報告も。

PlayStation Nowのサービスは、2014年1月下旬から米国内でベータテストを実施し、同地域向けに今夏正式リリースを予定。

追記: Destructoidの記事よると、PS3タイトルだけでなく、将来的にPS1やPS2タイトルのサポートも計画されているそうです。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら