沖縄県警、インターネット掲示板を通じてWiiソフトの海賊版販売を行っていた男性を逮捕 | GameBusiness.jp

沖縄県警、インターネット掲示板を通じてWiiソフトの海賊版販売を行っていた男性を逮捕

その他 その他

沖縄県警生活保安課と宜野湾署は、インターネット掲示板を悪用して権利者に無断で複製したゲームソフトを販売していた疑いで、沖縄市の会社員男性(41歳)を11月25日に逮捕したことを明らかにしました。
  • 沖縄県警生活保安課と宜野湾署は、インターネット掲示板を悪用して権利者に無断で複製したゲームソフトを販売していた疑いで、沖縄市の会社員男性(41歳)を11月25日に逮捕したことを明らかにしました。
沖縄県警生活保安課と宜野湾署は、インターネット掲示板を悪用して権利者に無断で複製したゲームソフトを販売していた疑いで、沖縄市の会社員男性(41歳)を11月25日に逮捕したことを明らかにしました。

著作権法違反(海賊版頒布)の疑いで逮捕された男性は、 2013年8月26日頃、任天堂が著作権を有するWiiゲームソフト『New スーパーマリオブラザーズ Wii』ほか4タイトル、バンダイナムコゲームスが著作権を有するWiiゲームソフト『太鼓の達人Wii』ほか4タイトル、カプコンが著作権を有する『biohazard』ほか4タイトルを、権利者の許諾を受けずにハードディスクへ複製の上、沖縄県の男性に対し代金19,000円で販売していました。

購入者が警察に相談したことから事件が発覚し、ACCSを通じて著作権者に連絡。それを受けた各社が鑑定し、告訴に踏み切る形となりました。

なお男性は容疑を認めており、11月26日に那覇地検沖縄支部へ送致されました。
《臥待弦》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら