米国のミリタリー系小説家トム・クランシー氏が66歳で死去・・・ゲームでも大ヒット | GameBusiness.jp

米国のミリタリー系小説家トム・クランシー氏が66歳で死去・・・ゲームでも大ヒット

その他 その他

トム・クランシーの名で知られる米国のミリタリー系小説家Tom Leo Clancy Jr氏が、今週火曜日に米国ボルチモアの病院で亡くなった事が報じられています。66歳でした。死因は明らかにされていません。
  • トム・クランシーの名で知られる米国のミリタリー系小説家Tom Leo Clancy Jr氏が、今週火曜日に米国ボルチモアの病院で亡くなった事が報じられています。66歳でした。死因は明らかにされていません。
トム・クランシーの名で知られる米国のミリタリー系小説家Tom Leo Clancy Jr氏が、今週火曜日に米国ボルチモアの病院で亡くなった事が報じられています。66歳でした。死因は明らかにされていません。

84年のベストセラー小説『レッド・オクトーバーを追え』で作家としてデビューしたトム・クランシー氏は、生前に『愛国者のゲーム』や『いま、そこにある危機』などの多数のミリタリー系小説を執筆。17もの作品がNew York Timesのベストセラーリストでナンバー1を獲得し、代表作の多くはスクリーンデビューも果たしていました。

1996年には英国王室海軍キャプテンのDoug Littlejohns氏らと共にゲーム開発スタジオRed Storm Entertainment(現Ubisoft Red Storm)を設立。『Rainbow Six』シリーズや『Ghost Recon』などのTom Clancy'sの冠がついた軍事シミュレーションゲームを立ち上げ、今や世界中に多くのファンを抱える人気ブランドへと成長、2014年にもその新作『Tom Clancy's The Division』の発売が控えています。

ゲームファンにとっても馴染み深い存在だったトム・クランシー氏、66歳の若さでこの世を去った彼の死を悼む声がネット上に集まっています。

(写真提供: Getty Images)
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら