「LINE」、全世界で2億ユーザーを突破―わずか半年で1億ユーザーを獲得 | GameBusiness.jp

「LINE」、全世界で2億ユーザーを突破―わずか半年で1億ユーザーを獲得

その他 その他

LINE株式会社は、同社が運営する無料通話・無料メールスマートフォンアプリ「LINE」の登録ユーザー数(iPhone/Android/Windows Phone/BlackBerry/Nokia Ashaアプリ・フィーチャーフォン総計)が、全世界で2億人を突破したと発表しました。
  • LINE株式会社は、同社が運営する無料通話・無料メールスマートフォンアプリ「LINE」の登録ユーザー数(iPhone/Android/Windows Phone/BlackBerry/Nokia Ashaアプリ・フィーチャーフォン総計)が、全世界で2億人を突破したと発表しました。
  • LINE株式会社は、同社が運営する無料通話・無料メールスマートフォンアプリ「LINE」の登録ユーザー数(iPhone/Android/Windows Phone/BlackBerry/Nokia Ashaアプリ・フィーチャーフォン総計)が、全世界で2億人を突破したと発表しました。
LINE株式会社は、同社が運営する無料通話・無料メールスマートフォンアプリ「LINE」の登録ユーザー数(iPhone/Android/Windows Phone/BlackBerry/Nokia Ashaアプリ・フィーチャーフォン総計)が、全世界で2億人を突破したと発表しました。

「LINE」は、マルチデバイス・マルチキャリア対応グループコミュニケーションサービスとして、2011年6月23日からサービスを開始し、公開から約23ヶ月となる2013年4月30日には、全世界で1億5千万ユーザーを突破し、若年層を中心に世界規模で利用が拡大していました。

これまでに利用者数が多かった東アジアをはじめ、新たにインドやフィリピンなどでユーザー数が伸び、ヨーロッパ地域においてはスペイン、南米地域ではブラジル、メキシコ、コロンビア、アルゼンチン、ペルーなどの各国でユーザーが急増。これらの地域において成長スピードが加速し、2013年1月18日の1億ユーザー突破からわずか半年後の7月21日時点で、全世界の利用者数が2億人を突破しました。

また、Google PlayにおいてAndroid版「LINE」が1億ダウンロードを突破。Google Playで1億ダウンロードを突破したアプリは、全部で26個。うちGoogle連携サービス・アプリを除外すると12個になります。

これらの実績を受け、LINE株式会社は「今後は各国地域のユーザーのさらなる利便性の向上を目指し、各国の地域性や文化に根付いた公式アカウントやスタンプのローカライズもこれまで以上に積極的に推進してまいります」と述べています。

なお、今後の展開については、8月21日に舞浜アンフィシアターにて行われるカンファレンス「Hello, Friends in Tokyo 2013」にて発表する予定とのことです。

このたびの発表は、「LINE」がもたらす継続的な利便性がユーザーのニーズに合致した結果と言えます。これからの『LINE』がどのように発展していくのか、全世界から注目を浴びることでしょう。

(C) LINE Corporation
《臥待弦》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら