米スマホ向けARアプリディベロッパーのdaqri、1500万ドルを調達 | GameBusiness.jp

米スマホ向けARアプリディベロッパーのdaqri、1500万ドルを調達

その他 その他

各種スマートフォン向けAR(拡張現実)アプリの開発を手がける米  daqri  が、ベンチャーキャピタルのTarsadia InvestmentsがリードするシリーズAラウンドにて1500万ドル(約15億円)の資金調達を行った。
  • 各種スマートフォン向けAR(拡張現実)アプリの開発を手がける米  daqri  が、ベンチャーキャピタルのTarsadia InvestmentsがリードするシリーズAラウンドにて1500万ドル(約15億円)の資金調達を行った。
各種スマートフォン向けAR(拡張現実)アプリの開発を手がける米daqriが、ベンチャーキャピタルのTarsadia InvestmentsがリードするシリーズAラウンドにて1500万ドル(約15億円)の資金調達を行った。

daqriは2010年6月に米カリフォルニア州ロサンゼルスに設立されたモバイル向けARアプリの開発を行うスタートアップ。これまで多くの企業やブランド、コンテンツなどと1000以上のタイアップを行っているが、画像認識の早さとインタラクティブなコンテンツ作りが特徴で、AR人体模型アプリ「Anatomy 4D」など教育用のARコンテンツの開発も積極的に行っている。なお、同社はGoogleのメガネ型ウェアラブルコンピュータ「Google Glass」へのアプリ提供も視野に入れているとのこと。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら