3Dゲーム開発のSheriff Gaming、カジノチェーンCaesars傘下のソーシャルゲームディベロッパーと提携 | GameBusiness.jp

3Dゲーム開発のSheriff Gaming、カジノチェーンCaesars傘下のソーシャルゲームディベロッパーと提携

その他 その他

3Dゲーム開発を手がけるオランダの  Sheriff Gaming  が、Facebookにてギャンブルモチーフのソーシャルゲームを提供するためイスラエルのソーシャルゲームディベロッパーの  Playtika  とパートナーシップを締結した。
  • 3Dゲーム開発を手がけるオランダの  Sheriff Gaming  が、Facebookにてギャンブルモチーフのソーシャルゲームを提供するためイスラエルのソーシャルゲームディベロッパーの  Playtika  とパートナーシップを締結した。
3Dゲーム開発を手がけるオランダのSheriff Gamingが、Facebookにてギャンブルモチーフのソーシャルゲームを提供するためイスラエルのソーシャルゲームディベロッパーのPlaytikaとパートナーシップを締結した。

Sheriff GamingはWebブラウザやスマートフォン/タブレット、デジタルスロットの画面など様々なプラットフォームに向けて3Dゲームを開発・提供している企業。同社はこれまで手がけたゲームのキャラクターが登場するスロットゲーム『Slotomania Adventures』をFacebookにて提供するためPlaytikaと提携。『Slotomania Adventures』はSheriff Gamingの開発力とPlaytikaのギャンブル・ソーシャルゲームの運営ノウハウを組み合わせたタイトルで、3DCGがふんだんに使用されたリッチなアニメーションが楽しめるという。

Playtikaは2010年に設立されたスタートアップで、2012年7月にホテルやカジノ、ショッピングモールなどを運営するアメリカのカジノホテルチェーンCaesars Interactive Entertainment, Inc.に買収されている。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら