【GDC 2013】新興ディベロッパーのショウケース「GDC PLAY」について訳出 | GameBusiness.jp

【GDC 2013】新興ディベロッパーのショウケース「GDC PLAY」について訳出

その他 その他

昨年非常に成功したGDC Playが今年も開催されます。その概要を訳出しました。行われるのは後半3日間です。すでに展示企業が発表されており、全部見てまわるだけでも、相当量のゲームを見ることができます。忙しいGDCの日程の中で、さらに忙しくなる大きな要因になりますが、昨年以上に規模化が進むと思われるGDC Playは、世界のゲーム開発者の状況を把握できる機会でもあるため、時間を割いて観にいく価値のあるイベントになりつつあります。

GDC PLAY
2012年のGDCで初登場、成功を収めたGDC Play。今年も新興デベロッパーが他のGDC参加者に対して自らのゲームをプレゼンテーションできる機会として2013年のサンフランシスコに帰ってきます。

■Showcase Games :ゲームショールーム

GDCでのインディペンデントゲームフェスティバルパビリオンの成功を受け、新しい取り組みとして特別パビリオン内に新興ゲーム市場をテーマにした展示スペースが設けられます。GDC Playでは、出展者がイベントに参加している大手ディストリビューター、パブリッシャー、メディア、投資家などに対し彼らのゲームをプレゼンする事ができます。GDC Playのソーシャル、オンライン、スマートフォン、タブレット、インディーゲーム向けブースは全て専用の部屋内に設けられ、より詳細なミーティングが行えるよう、シーティングエリアのあるネットワークラウンジも併設されています。

GDC Playは新興デベロッパーたちがゲームをプレゼンする場として開かれており、登録する事で、モニター、キーボード、スピーカー、インターネット接続が可能な個別のブースが与えられます。これは、将来のビジネスパートナー、投資家、メディアに対してタイトルを非常に簡単、かつ低コストでプレゼンできる機会となります。

■Best in Play:ベスト イン Play

GDC Play 2013を受けて今回新しく登場するのが、GDC Playに出展された中で最も優れたゲームを選出するイベント、「Best in Play」 (http://www.gdconf.com/events/bestinplay.html)です。GDC Playに展示される全ての出展者の開発中、あるいは完成したゲームは知見のあるGDCの主催者とGamasutraの編集者によって審査され、そのうち8タイトルがGDCに先行して「Best in Play」としてアナウンスされます。発表は2月の中旬に行われ、それぞれGDC 2014のオールアクセスパスが2枚ずつ贈られます。GDC 2013での受賞者の出展ブースには「Best in Play」のバナーが飾られ、彼らのゲームは参加者なら誰でもプレイする事が可能です。

■GDC 2013 ビジネスマッチメーカー

GDC Playの参加者は公式ビジネスマッチメーキングソフトウェアを使う事が可能です。GDCにおけるビジネスの「触媒」としてお使いください。パブリッシャー、オールアクセスパス所有者、出展社とのミーティングのリクエストの送受信が可能です。

登録、ミーティングリクエストはこちらで:
http://meetings.gdconf.com/p_index.php

マッチメーキングソフトウェアを使う事でミーティングを依頼できる企業やグループの例は以下の通りです:

70以上のパブリッシャー、投資家、エージェント:
2K Games, 505 Games, 6waves, Activision/Blizzard, Atlus, Big Fish Games, Cartoon Network, Digi-Capital, Digital Chocolate, Disney Mobile, EA Partners, GameHouse/Real Networks, Glu Mobile, Indie Fund, Joystick Labs, Konami, Microsoft Game Studios, Namco Bandai Partners, Nintendo, Replay Games, Rovio, Seahorn Capital, Spry Fox, Square Enix, Steam, Tapjoy, Telltale, Trion Worlds, Ubisoft, Union Entertainment, United Talent Agency

300以上の出展社、スポンサー(一例):
Google, Unity, Epic Games, Crytek, Sony, Blizzard, Activision, WB, Riot Games, BigPoint, Disney, Tencent, Kabaam, Valve, Gaikai, Onlive, Digital River, Amazon, Playspan, NCSoft

出展社のフルリストはこちら
http://www.gdconf.com/expo/exhibitorlist.html


■2012年GDC Playを支援してくれた企業

250以上の有力メディアがGDC Playで配布用ブースを出展:

GameSpot MSNBC
The New York Times AOL Games
1UP Spike TV
G4 TV Joystiq
IGN Bloomberg News
Wall Street Journal Reuters
Kotaku PC Gamer
CNN Electric Playground

政府、貿易振興機関によるGDC/GDC Playの出展も過去最大規模:
ベルギー取引委員会
ケルンメッセGmbH社
ニューファンドランド・ラブラドール州
ノバスコティア州、カナダ
韓国ゲーム開発者協会
スコットランド輸出、宣伝、開発振興局
スウェーデン国際取引協議会
オーストラリアゲーム開発者協会
カナダ外務·国際貿易省
TIGA
ケベック政府
クイーンズランド州雇用、経済発展とイノベーション省
《IGDA日本》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら