米アップル、「iBooks」にて日本の電子書籍を販売開始 | GameBusiness.jp

米アップル、「iBooks」にて日本の電子書籍を販売開始

その他 その他

米Appleが電子書籍アプリ「iBooks」の最新バージョン3.1を公開し、同アプリ内のマーケットプレイス「iBookStore」にて新たに日本語の電子書籍の販売を開始した。
  • 米Appleが電子書籍アプリ「iBooks」の最新バージョン3.1を公開し、同アプリ内のマーケットプレイス「iBookStore」にて新たに日本語の電子書籍の販売を開始した。
  • 米Appleが電子書籍アプリ「iBooks」の最新バージョン3.1を公開し、同アプリ内のマーケットプレイス「iBookStore」にて新たに日本語の電子書籍の販売を開始した。
  • 米Appleが電子書籍アプリ「iBooks」の最新バージョン3.1を公開し、同アプリ内のマーケットプレイス「iBookStore」にて新たに日本語の電子書籍の販売を開始した。
  • 米Appleが電子書籍アプリ「iBooks」の最新バージョン3.1を公開し、同アプリ内のマーケットプレイス「iBookStore」にて新たに日本語の電子書籍の販売を開始した。
  • 米Appleが電子書籍アプリ「iBooks」の最新バージョン3.1を公開し、同アプリ内のマーケットプレイス「iBookStore」にて新たに日本語の電子書籍の販売を開始した。
米Appleが電子書籍アプリ「iBooks」の最新バージョン3.1を公開し、同アプリ内のマーケットプレイス「iBookStore」にて新たに日本語の電子書籍の販売を開始した。

販売元には角川グループ(BOOK WALKER)、講談社、集英社、幻冬舎、PHP研究所、光文社などの大手出版社も名を連ねている。

これまで「iBooks」では海外の電子書籍や著作権フリーとなった「青空文庫」しかダウンロードすることができなかったが、現在は「ONE PIECE」や「ジョジョの奇妙な冒険」といった人気コミックや「涼宮ハルヒの憂鬱」「天地明察」などのベストセラー小説など様々なジャンルの電子書籍が販売されている。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら