GREE International、初のスポーツ系ソーシャルゲーム「MLB: Full Deck」をリリース | GameBusiness.jp

GREE International、初のスポーツ系ソーシャルゲーム「MLB: Full Deck」をリリース

その他 その他

グリー株式会社  の米子会社である  GREE International  が、同社の内製ソーシャルゲームとしては初のスポーツ系タイトルとなるiOS向け新作ソーシャルゲームアプリ『  MLB: Full Deck  』をリリースした。ダウンロードは無料だが日本からは利用できない。
  • グリー株式会社  の米子会社である  GREE International  が、同社の内製ソーシャルゲームとしては初のスポーツ系タイトルとなるiOS向け新作ソーシャルゲームアプリ『  MLB: Full Deck  』をリリースした。ダウンロードは無料だが日本からは利用できない。
  • グリー株式会社  の米子会社である  GREE International  が、同社の内製ソーシャルゲームとしては初のスポーツ系タイトルとなるiOS向け新作ソーシャルゲームアプリ『  MLB: Full Deck  』をリリースした。ダウンロードは無料だが日本からは利用できない。
  • グリー株式会社  の米子会社である  GREE International  が、同社の内製ソーシャルゲームとしては初のスポーツ系タイトルとなるiOS向け新作ソーシャルゲームアプリ『  MLB: Full Deck  』をリリースした。ダウンロードは無料だが日本からは利用できない。
  • グリー株式会社  の米子会社である  GREE International  が、同社の内製ソーシャルゲームとしては初のスポーツ系タイトルとなるiOS向け新作ソーシャルゲームアプリ『  MLB: Full Deck  』をリリースした。ダウンロードは無料だが日本からは利用できない。
  • グリー株式会社  の米子会社である  GREE International  が、同社の内製ソーシャルゲームとしては初のスポーツ系タイトルとなるiOS向け新作ソーシャルゲームアプリ『  MLB: Full Deck  』をリリースした。ダウンロードは無料だが日本からは利用できない。
グリー株式会社の米子会社であるGREE Internationalが、同社の内製ソーシャルゲームとしては初のスポーツ系タイトルとなるiOS向け新作ソーシャルゲームアプリ『MLB: Full Deck』をリリースした。ダウンロードは無料だが日本からは利用できない。

『MLB: Full Deck』はその名のとおり米大リーグをモチーフとしたソーシャルゲーム。MLBの公式ライセンスを取得しており、ゲーム中には大リーグ全30球団に所属する650人以上の選手が実写カードとなって登場する。

ユーザーは球団のオーナーとなり、選手カードを組み合わせてドリームチームを結成し、他のユーザーと対戦することができる。また日本のカード・ソーシャルゲームの要素が取り入れられており、カードを合成・強化するシステムもあるほか、実際のMLBのようにシーズン制も取り入れらているという。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら