米ブランド管理・投資会社のSaban Brands、iOS向けゾンビ農業ゲーム『Zombie Farm』運営のThe Playforgeを買収 | GameBusiness.jp

米ブランド管理・投資会社のSaban Brands、iOS向けゾンビ農業ゲーム『Zombie Farm』運営のThe Playforgeを買収

その他 その他

米ロサンゼルスに拠点を置くブランド管理・投資会社の  Saban Brands  が、iOS向け人気ソーシャルゲームアプリ『Zombie Farm』シリーズなどの開発・運営を行うスマートフォン向けゲームディベロッパーの  The Playforge  を買収した。買収金額や条件などは明らかにされ
  • 米ロサンゼルスに拠点を置くブランド管理・投資会社の  Saban Brands  が、iOS向け人気ソーシャルゲームアプリ『Zombie Farm』シリーズなどの開発・運営を行うスマートフォン向けゲームディベロッパーの  The Playforge  を買収した。買収金額や条件などは明らかにされ
米ロサンゼルスに拠点を置くブランド管理・投資会社のSaban Brandsが、iOS向け人気ソーシャルゲームアプリ『Zombie Farm』シリーズなどの開発・運営を行うスマートフォン向けゲームディベロッパーのThe Playforgeを買収した。買収金額や条件などは明らかにされていない。

Saban Brandsは日本の戦隊ヒーローシリーズのアメリカ版「パワーレンジャー」の権利やドラゴンボール改の放送権を持つ企業。一方The Playforgeは2009年に米カリフォルニアにて創業したスマートフォン向けゲームアプリディベロッパーで『Zombie Farm』『Zombie Farm 2』『Zombie Life』などの各種タイトルを開発・運営している。

創業当初は夫婦2人のみの企業だったが、『Zombie Farm』シリーズのヒットにより規模を拡大し、現在は25名のスタッフを持つまでに成長している。今回の買収により今後Saban BrandsはThe Playforgeのゲームのキャラクターのメディアミックス展開を行っていくとしている。
《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら