カナダのEruptive Games、『ギターヒーロー』の生みの親などから100万ドル資金調達 | GameBusiness.jp

カナダのEruptive Games、『ギターヒーロー』の生みの親などから100万ドル資金調達

その他 その他

カナダ・バンクーバーに拠点を置くソーシャルゲームディベロッパーの  Eruptive Games  が、Facebook初の営業担当で現在投資家としても活動しているKevin Colleran氏や音楽ゲーム『ギターヒーロー』のクリエイターであるKai Huang氏とNadeem Kassam氏など複数のエンジェ
  • カナダ・バンクーバーに拠点を置くソーシャルゲームディベロッパーの  Eruptive Games  が、Facebook初の営業担当で現在投資家としても活動しているKevin Colleran氏や音楽ゲーム『ギターヒーロー』のクリエイターであるKai Huang氏とNadeem Kassam氏など複数のエンジェ
カナダ・バンクーバーに拠点を置くソーシャルゲームディベロッパーのEruptive Gamesが、Facebook初の営業担当で現在投資家としても活動しているKevin Colleran氏や音楽ゲーム『ギターヒーロー』のクリエイターであるKai Huang氏とNadeem Kassam氏など複数のエンジェル投資家から計100万ドルの資金調達を行った。

Eruptive GamesはFacebookにてRPGソーシャルゲーム『Mercenaries of War』と『Citizen GRIM』を運営しているスタートアップ。同社はゲームの背景にストーリーがあり、コアゲーマーの要求にも耐えうる”ハードコア”ソーシャルゲームの開発に注力している。

『Mercenaries of War』は50万人の月間アクティブユーザー数を有する人気タイトルとなり、ソーシャルゲーム系メディアInsideSocialGamesの「Top 10 Facebook Game of 2010」にもノミネートされた。

今後同社はFacebookにて3つ目のタイトル「Rise of Villains」をリリースする予定で、9月〜10月には初のモバイル向けタイトルも発表するとのこと。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら