カジュアルゲームポータルのHeyzap、モバイル向けゲームアプリのプラットフォーマーへ変身 | GameBusiness.jp

カジュアルゲームポータルのHeyzap、モバイル向けゲームアプリのプラットフォーマーへ変身

その他 その他

米サンフランシスコに拠点を置くゲーム系スタートアップの「  Heyzap  」が、同社が提供しているモバイル向けゲームアプリプラットフォームの機能を強化し、新たにゲームへの「チェックイン」機能を追加した。
  • 米サンフランシスコに拠点を置くゲーム系スタートアップの「  Heyzap  」が、同社が提供しているモバイル向けゲームアプリプラットフォームの機能を強化し、新たにゲームへの「チェックイン」機能を追加した。
米サンフランシスコに拠点を置くゲーム系スタートアップの「Heyzap」が、同社が提供しているモバイル向けゲームアプリプラットフォームの機能を強化し、新たにゲームへの「チェックイン」機能を追加した。

Heyzapは2009年1月に創業したゲーム系のスタートアップ。創業当初はPC向けのカジュアルゲームのポータルサイトの運営や、既存のサイトやブログにYoutube動画を貼る感覚でゲームを貼付けられるウィジェットの提供を行っていた。

しかしその後モバイル向けゲームに方向転換。現在はiOSとAndroid向けにモバイル向けゲームのプラットフォームアプリを提供している。

このアプリは新しいモバイル向けゲームアプリをいち早く探すことができるだけでなく、友達を探したりTwitterのようにつぶやく機能も実装されていたりと、既存の”アプリ紹介アプリ”よりもソーシャル機能が充実していたが、今回さらにゲームへのチェックイン機能も追加。これによりユーザーは自分が現在どんなゲームをプレイしているかアクティビティを友達と共有でき、より手軽に友達と一緒に同じゲームを楽しめるようになった。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら